マニュアルを読むか読まないか

家電,ソフト,携帯電話等のマニュアルは分厚いものが多く,読むのが面倒くさいものです。
数年くらい前から,私はこのマニュアルを読むことにしています。
最初から読むのではなく,マニュアルを読まずに一通り使ってみてから,マニュアルを読むという方法です。
一通り使ってみると,
「もっと使いやすい方法はないだろうか?」
「この用語の意味はこういうことだろうか?」
「この機能は,こういう風に使うのだろうか?」
と考えることができます。
マニュアルを読む前にある程度の仮説をたてることができるということです。
その仮説を元にマニュアルを読むと効果的だと思います。
今回も携帯電話のマニュアルをすべて読みました。
Newtype税理士 井ノ上陽一のブログ|-SN3K0003.jpg
昨日,マニュアルを読みつつ,操作しつつと,2時間ほど時間がかかりましたが,今後のことを考えると十分元は取れるます。
待ち受け画面のショートカットや,電話帳の整理方法など意外に便利なものを発見できました。
マニュアルを読むのは,確かに面倒くさいですけど,プライベート,ビジネスに限らずおすすめです。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』