会社を作る必要があるか

よくある質問に
「会社を作りたいんですけど・・・」
というものがあります。
先日,セミナーでお会いした方からもこの質問を受けました。
この質問を受けたときは,必ず,
会社を作る必要があるか
を確認します。
独立,起業又は副業でビジネスを行う場合,
2つの選択肢があるからです。
1つは,会社を作ること
もう1つは,個人でビジネスを行うこと
です。
会社の場合は,
登記等の設立手続が必要であり,
約30万円のコスト(※)が設立時にかかります。
また,利益が出なくても,毎年最低でも7万円の税金を支払う必要があります。
※会社は,株式会社・合同会社といった種類があり,
合同会社の場合は約10万円のコストです。
個人の場合は,
極端な話,「今日から起業!」と思ったら,その日からビジネスがスタートできます。
そして,手続としては,税務署に届出書を提出すれば完了です。
※代表的な届出書

起業したときの設立手続にかかるコストは0です。
その後は,利益が出なければ,税金もかかりません。
屋号も名乗ることができます。
行うビジネスの性質上,会社でなければならない場合もありますが,
会社と個人のメリット,デメリットを把握し,
どちらが好ましいかを判断する必要があります。


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』