安さを疑ってみる

今のデフレ経済では,
低価格の商品やサービスがかなり多くなってきています。
私は,商品やサービスであまりに安いものがあると,
「なんでこんなに安くできるんですか?」
「どこで利益をとっているんですか?」
と聞くことがあります。
「実は・・・・」と裏側を話してくれることも・・・。
ただ安いからといって飛びつくと,
意外なところでお金をかかることがあります。
例えば,
欲しいサービスは別料金で,かえって高くなる。
実は型落ちの機種で欲しい機能がついてなかった
初期費用は確かに安いがランニングコストが高い
途中解約しようと思ったら,解約できない契約だった
人件費をセーブしているため,サービスが悪い
といったものです。
価格を設定する側は利益を考えて,設定しています。
通常は売る側が損をするようには設定していません。
もし,利益を考えずに値段を下げているのであれば,
そのときは買う側にとっては,チャンスです。
価格が下がっている今こそ,安さを疑ってみましょう。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###