確定申告書控をなくした場合

2009-7-30 3rd
今日,久しぶりに税務署に行ってきました。
申告書はe-Taxにより,インターネットで提出しますし,
必要な用紙もソフトを使ったり,サイトからダウンロードしたりするため,
税務署にはほとんど行きません。
今回は所得税確定申告書の閲覧をすることが目的です。
新規契約のお客様と共に行っています。
確定申告書を提出すると,
その控を保存しておかなければいけないのですが,
なくした場合は,再発行されません。
税務署で閲覧することは可能です。
ただし,あくまで「閲覧」ですので,
コピーすることはできず,その場で書き写します。
今回も書き写すのですが,
お客様に書き写していただくよりも
私がポイントだけ書き写した方がよいと判断し,
一緒に行くことにしました。
税務署との対応も私が行った方がいいでしょうしね。
新規契約のお客様の場合,過去の申告書は重要な書類になります。
閲覧に必要なものは,
納税者本人の場合は,身分証明証
代理人(税理士等)の場合は,
委任状,印鑑証明,税理士証票
です。
e-Taxで申告しておくと,
電子証明となりますので,
理論的には,
いつでも控を再発行することが可能です。
※追記
「個人情報保護法に基づく開示請求」を行うと,
申告書等のコピーが可能です。
個人情報保護法に基づく開示請求
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/kojinjoho/tetsuzuki/03.htm




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク