経理業務をEXCEL化する6つの理由

ここ数週間,クライアントの経理業務のEXCEL化に取り組んでいます。
経理業務とEXCELは相性が良く,
EXCEL化により業務の効率化を図ることができます。
経理業務をEXCEL化する6つの理由をまとめてみました。

1 繰り返しの業務が得意
経理業務は毎年,毎月,毎日と繰り返しの業務は多いものです。
この繰り返しの業務はEXCELが得意とするものです。
数式をあらかじめ入力しておく方法もありますが,
マクロ(自動的にEXCELを動かすプログラム)により,
その効率は飛躍的に上がります。
2 計算ミスがない
一度数式をセットすれば,計算ミスはありません。
電卓のようにたたき直す必要もないです。
3 会計ソフトと連動できる
EXCELで作ったファイルを会計ソフトに読み込んだり,
会計ソフトに入力したデータをEXCELに変換したり
することができます。
4 業務のスピードを上げても,質が落ちない
手書きの資料は,書くスピードを上げると,
読みづらい字になることがあります。
特に数字の読み違いは避けたいものです。
また,ミス等の発生の確率は高くなります。
EXCELは,自動化すれば,業務のスピードが上がっても
その質は落ちることはありません。

5 データベースとして利用できる
EXCELでデータを入力すると,
後で検索したり,必要なデータのみを再利用したりすることも可能です。
もちろんグラフや表で分析することもできます。
6 自由にカスタマイズすることができる
既存のシステムだとちょっとした変更ができないケースもありますが,
EXCELだと,変更等のカスタマイズはかなり自由にできます。
現在作成しているものの1つは,
日々の売上データを入力し,
そのデータを顧客別,商品別,支払方法別,新規か既存か,担当者別と
いろいろな角度から集計できるものです。
店全体,担当者ごとに来店数,売上高などの目標を管理することもできます。
こういった内容は,現在執筆中のEXCEL本にも掲載する予定です。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###