【税理士受験】9月~12月の勉強

来年の税理士試験に向けて,
各校で講座がスタートしています。
基本的なカリキュラムは,
9月からスタートし翌年8月の試験に臨むものです。
税理士試験は,8月に試験があり,12月にその合否の発表があります。
そのためか,9月~12月は,
勉強をしなかったり,軽く勉強したりする受験生も多いです。
実質的に年明けから勉強を開始する方もいます。
私の場合は,9月~12月も全力で勉強していました。
だからオフは8月だけです。
合否の要の1つはこの9月~12月の過ごし方にあります。
私の持論ですが,
税理士試験は,自分の勉強法を確立することが早期合格のカギです。
5科目(合格には5科目合格が必要)はそれぞれ異なる知識が必要ですが,
勉強法は共通するものがあります。
それをつかむことができれば,複数の科目に応用できるのです。
私がつかんだ自分なりの勉強法は次のようなものでした。
・暗記の方法
・法律の読み方
・授業の復習の方法
・計算の公式の覚え方
・計算の効率的なトレーニング方法
・「間違いノート」 による自分のミスのパターンの把握
こういった勉強法を身につければ,
12月の合否により,
たとえ1月からの試験科目が変更となっても対応できます。
私は税理士受験を始めてから1年半後くらいに
勉強法を確立してからは,
資格学校内のランキングを外れることがありませんでした。
(それまではほとんどランキングに入ったことがありません。)
その後の1年半の受験勉強はその勉強法を繰り返しただけでした。
9月~12月もしっかりと勉強するのは,
こういった勉強法をできるだけ早くつかむためです。
また9月~12月は学校のカリキュラムが
そんなきつくなく,難易度もそれほど高くないため,
勉強法として,いろんなことを試す余裕があります。
1年でも早く合格するためにも,
9月~12月の勉強をしっかり取り組んでみてください。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###