人を評価する面接と経営を評価する決算書等

人を評価する面接と
経営を評価する決算書等。
似ているところは多いです。
その比較をしてみました。

過去
面接では,
これまで自分が何をやってきたか
どのような経験があるか
など,過去の実績を話します。
経営を評価する場合,
過去1年間では,売上がいくらで,利益がいくらだったか
黒字が何年間続いているか
前年よりも売上がどのくらい上がったか
など,数字で過去の実績を表現します。
これが,損益計算書です。
(キャッシュ・フロー計算書もその1つです。)

現在
面接では,
身だしなみや,話し方,マナーなどにより,
現在の自分の姿を表現します。
経営を評価する場合,
今,いくらキャッシュがあるか,
未回収の代金(=売掛金)はどのくらいあるか
借入金はどのくらいあるか
を数字で表現します。
これが,貸借対照表です。

未来
面接では,
これからやりたいこと
会社に貢献できること
自分ができること
などを話します。
経営を評価する場合
これから,業績がどのように推移するか
資金繰りがどのように変化するか
目標としている数値
などを数字で表現します。
これが,経営計画です。
経営に必要な要素
経営を数字で表現するには,
過去の実績
現在の状況
未来の計画
が必要です。
しかし,過去の実績を表現することにウェイトをかけすぎているケースがあります。
面接では,
これまで何をやってきたかも重要ですが,
これから何ができるかも重視します。
経営でも
これから何ができるか,何を目指すかを数字で表現する経営計画が重要です。

メモ第5回 決算書を読む勉強会(10/3) 詳細・お申込はこちらまで 




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###