「額」と「率」 

数字を比較する際に重要な要素として,
・額
・率
があります。
「額」で見た場合
例えば
昨年→売上 1,000 利益 700
今年→売上 1,500 利益 900
だった場合は,
一見すると,今年の方が利益が多く,業績が向上したように見えます。
「率」で見た場合
上記の例で,利益率(売上のうち,利益が占める割合。利益÷売上。)
を計算してみると,
昨年→売上 1,000 利益 700 利益率 70%
今年→売上 1,500 利益 900 利益率 60%
です。
利益率は10%も下がっています。
利益は増えていますが,効率は下がっているということです。
「額」だけではなく,「率」も見て判断しなければいけません。
「率」を重視しすぎてはいけない
例えば,
昨年→売上 1,000 利益 700 利益率 70%
今年→売上 2,000 利益 1,300 利益率 65%
の場合,利益率は下がっていますが,売上,利益額は大幅に増えています。
適正な利益率の範囲ならば,多少利益率が下がっていても,
問題はありません。
また,
昨年→売上 1,000 利益 700 利益率 70%
今年→売上 800  利益 600 利益率 75%
の場合は,利益率は5%上がっていますが,利益額は少なくなっています。
利益額が少ないと,経費の支払等が苦しくなります。
利益率が上がったからといって,安心できないわけです。
まとめ
数字を比較する際は,「額」と「率」のどちらも重要な要素です。
両方を見ることで,経営上の変化を見つけることができます。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###