本を「読む」と決算書を「読む」

決算書を「読む」とはどういうことでしょうか?
「読む」とは,「見る」ではありません。
決算書の数字を漠然と「見る」だけで,何も理解できないのです。
文字通り「読む」必要があります。
「読む」といえば,本。
本を「読む」場合と比較して,
3つの読み方について,確認してみましょう。
1 目的を持つ
本を「読む」ときは,何らかの目的があります。
決算書を「読む」ときも何らかの目的を持つべきです。
経営者だったら,
どのくらい自分の会社が利益を上げているか,安定しているのか?
銀行員の融資担当の方だったら,
この会社に貸しても大丈夫なのか?
税務署の職員だったら,
この決算書は正しいのか,税金がきちんと計算されているのか?
それぞれの立場によって,目的は異なりますし,
その目的ごとに読み方は異なってくるのです。
2 疑問を持つ
本を「読む」ときは,書いてあることに疑問を持つことが重要です。
決算書も,単なる数字ととらえずに,
「なぜこういう数字になっているのか?」という疑問を持つべきです。
そして,その疑問を質問に変え,
担当部署にフィードバックしたり,自分でその解答を探し出したりします。
時には,「本当にこの数字はあっているのか?」と検証することも必要でしょう。
3 事前の知識を持つ
本を「読む」には,事前の知識が必要な場合もあります。
知っている分野の本は理解しやすく,読むスピードも速くなります。
決算書を「読む」ためにも事前の基礎的な知識は必要です。
この知識を提供すべく,ブログを書いたり,勉強会を開催したりしています。
私は,クライアントの決算書を見るのではなく,
やはり読んでいます。
目的は,決算書(毎月の試算表)の数字を実際の経営に活かすことです。
正しい数字かどうかが前提ですので,正しい数字を作るのも重要な目的になります。
数字上の違和感の他,社長から事前に聞いていた話との差異に
疑問を持ち,こちらから質問をします。
事前の知識は,日々のインプットやアウトプットによるものです。
本も決算書も「読む」だけではなく,どれだけ活かせるかが重要ですね。
=================================
【編集後記】
最近のストレスの1つは,大好きなアボカドに関すること。
いつも行くスーパーのアボカドがニュージーランド産に変わり,
ここしばらくずっとそうなんです。
ニュージーランド産は,あまりおいしくなく,
メキシコ産の方が,安定したおいしさでした。
仕入ルートが変わったのか,供給不足なのか・・・。
こんなことでストレスを感じるのもおかしいんですけど(笑)
【読み終わった本】

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略/クリス・アンダーソン
¥1,890
Amazon.co.jp
■スポンサードリンク

特にネット上で増え続けているフリー=無料のサービスを活用して,
いかにビジネスを成功させるかという本。
著者は「ロングテール」のクリス・アンダーソンです。

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』