「法人税の引き下げ」見送り→法人税のしくみ

昨日,こういうニュースがありました。
中小企業の法人税引き下げ、10年度は見送りへ
民主党がマニフェストに掲げていた
「中小企業の法人税率を現行の18%から11%に引き下げる」
が見送られたということです・・・。
このマニフェストの文章を見ると,
「18%から11%に7%も下げてくれるのか!」
と思ってしまうのですが,一定の要件があります。
今となっては,見送られてしまいましたが,
そのしくみについて,取り上げてみました。
法人税の計算
法人税は,基本的に次のように計算されます。
法人税上の利益(=「所得」といいます)×税率
この税率は,法人の規模(資本金の金額)や所得によって異なってきます。
法人税の税率
法人税の税率は次の表のとおりです。
EX-IT|
資本金1億円を超える場合は30%であり,
資本金1億円以下の場合は,所得により,18%,30%となります。
例えば,資本金1億円以下の法人が,所得1,000万円だったら,法人税は204万円です。
(1)800万円以下の部分
  →800万円
  800万円×18%=144万円
(2)800万円を超える部分
  →1,000万円-800万円=200万円
  200万円×30%=60万円
(3)(1)+(2)=204万円
税率が11%になると
もし,税率が11%になると,上記の例で,法人税は148万円です。
(1)800万円以下の部分
  →800万円
  800万円×11%=88万円
(2)800万円を超える部分
  →1,000万円-800万円=200万円
  200万円×30%=60万円
(3)(1)+(2)=148万円
現行との差額は,56万円です。
もし法人の所得が3億円でも10億円でも,
差額,つまり減税額は56万円となります。
(800万円×7%)
税率の変更は,800万円超の部分には,影響しないからです。
しかし,中小企業(資本金1億円以下)にとっては,
一定の効果があったのも事実ですので,
見送られたのは残念です。
掲げたことは守るべきかと思いますが・・・。
=================================

■スポンサードリンク
【編集後記】
今,丸善丸の内近くのカフェで時間調整中です。
WiMAX+Let’s noteS8,非常に重宝しています。
今のところ,WiMAXがつながらなかったのは,
飯田橋のカフェ,竹橋のカフェくらいでした。
もちろん地下はつながりませんが,おおむね私の行動範囲ではつながるようです。
【読み終わった本】

必ずもめる相続の話/福田 真弓
¥1,680
Amazon.co.jp

著者は税理士の福田真弓さん。

「相続税」の本ではなく,タイトルどおり,「相続」の本です。
相続税は,誰にでもかかるわけではないが,
相続は,誰にでも訪れ,しかも,もめる可能性があります。
難しい数字の話ではなく,事前に知っておくべき知識が満載ですので,
是非一読をおすすめします。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク