・最近読んだオススメ本【時間管理・仕事術】

今回は仕事術・時間管理に関する本でいい本が見つかりました。
ライフハックのつくりかた/小山 龍介
¥1,260
Amazon.co.jp

予測が困難で不確実な時代に求められるのはライフハック。
ライフハックとは“予測不可能な状況でも「こうすればスッキリうまくいく」というコツ。経験のなかで洗練されたコツ”
です。
さらに柔軟に対応するには,そのライフハックを自分で作り出すことが必要だということです。
本書ではその作り方について3つのルールを軸に解説しています。
いくらテクニックを学んでも自分なりに改善し,新しいものを作っていく必要があるということですね。
小山龍介さんの著書はほとんど読んでいるのですが、この本だけなぜか抜けていました。
先日参加したセミナー(小山さんのオフィスで開催)でワークがあり,そのときの賞品としていただいたものです。
本当は『会計HACKS!』が賞品でしたがすでに読んでいましたので・・・。
そういった偶然性から出会った本書は掘り出し物でしたニコニコ

いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法/佐々木 正悟
¥1,260
Amazon.co.jp

なんでもすぐに取りかかる,次から次にタスクをこなしていくと仕事が進んだ気になりますが,実はモレがあったり,費やした時間ほど成果が出ていなかったりすることがあります。
本書は『すぐやる人』というキーワードがタイトルについていますが,単に仕事にすぐとりかかるテクニックだけではなく,心理的な面からも論じています。
“「すぐやらなければいけない!」という強迫観念”をクリアにしてくれる本です。
私もその傾向にありますので,かなり参考になりました。

TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (ソフトバンク文庫NF)/ハイラム・W・スミス
¥893
Amazon.co.jp

著者のハイラム・W・スミスは元フランクリンコヴィーの会長。
フランクリンコヴィーは手帳フランクリンプランナーを手がけた会社です。
私も以前使っていました。今,手帳は使っていませんが,その考え方は日々に取り入れています。
日々の時間管理は自己の価値観が土台となっているため,その価値観をしっかりと認識しなければいけないという考え方です。
時間を管理するということ→人生をコントロール→心の安らぎという流れを生み出します。
私自身,起業当初よりも時間管理はうまくいくようになりました。その要因はやはり価値観を明確にしたからだと思います。まだまだ迷うこともありますが・・・。

================================
【編集後記】
つっこみどころが満載と話題になっているNHKのドラマ「チェイス~国税査察官」。
1回目も見逃したので,今日の再放送17:00~で見てみようと思っています。
夜は2回目も放送されますね。


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』