・WindowsとMacの基本ソフト

WindowsのPCにはOffice(オフィス)という基本ソフトが使えます。
Officeには,Word(ワード),Excel(エクセル),PowerPoint(パワーポイント)などがあり,それぞれワープロ,表計算,プレゼンテーション作成を行うことができます。
Macでも使えるOfficeがありますが,Mac専用で,Pages,Numbers,Keynoteといった同じ機能を持ったソフトがあります。
 Pages→Word
 Numbers→Excel
 Keynote→PowerPoint
という対応です。
私はMacにWindowsをインストールし,同時に使っています。
※Parallel Desktopというソフトと,Windows(XP,VISATA,7など)が必要にです。
それぞれ使ってみた感想は次のとおりです。

・ワープロ

Pagesの方が使いやすい面もあります。
ワープロで作った資料は,メールに添付したりすることも少ないですし,もし添付するとしてもPDFに変換すればいいので,今後もPagesメインで使っていこうかと思っています。
私がWordでよく使う機能(アウトラインの設定など)も,Pagesで使えます。
何よりも表示されるフォントがきれいなので,ついPagesを多用していまいます。
左がPages,右がWordです。
EX-IT|
表計算
こちらはExcelの方が使いやすいです。
ExcelにあってNumbersにない機能もあります。
ExcelとWordの使用頻度や習熟度の違いも関係しているかもしれません。

・プレゼンテーション
アニメーション(文字の表示や演出など)はKeynoteの方が優れています。
作成もKeynoteの方がやや楽です。
図形の種類などはPowerPointの方が多いですね。
互換性
これらの互換性は,一方通行です。
Windowsで作った資料はMacで開くことができますが,Macで作った資料はWindowsで開くことはできません。
それぞれのシェアから考えると当然かもしれませんね。
Office2010
Officeは,新しいバージョンが来月発売されます。
あまり話題になっていませんが,私は買う予定です。
今,ベータ版(試験的に発売前に使えるバージョン)の2010を使っていますが,Excelに関しては非常に便利な機能が追加されていました。
なお,Officeは,2002,2003,2007とバージョンアップしています。
2003から2007になって,大きく変わりましたが,個人的には2007の方がオススメです。
ただ,普及度などを考えて,出版予定の本は,2002,2003をベースに書いています。
今は無料のgoogleドキュメントもありますし,その他無料のソフトもあります。
仕事上よく使うソフトは,最適なものを選びたいものです。
==================================

■スポンサードリンク
【編集後記】
今日,7月にオープンするフィットネスクラブの入会手続きをしてきました。
自宅から徒歩5分のところにオープンします。
月10,815円でいつでも行けるプランにしました。
本格的にフィットネスクラブに通うのは久しぶりですし,楽しみです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク