・中途退職者の源泉徴収票

今日,退職者の源泉徴収票を作成しました。
クライアントの退職者分です。
源泉徴収票とは,会社がいくら給料を支払い,所得税や社会保険料を差し引いたかを記した書類で,会社は必ず作成,交付しなければいけないことになっています。
(所得税法226条)
この源泉徴収票については,
・年末に渡せばよい。
・正社員だけ渡せばよい。
・辞めた社員には交付しなくてよい。
・請求があったら交付すればよい。
などと思われがちですが,これらのものはすべて間違いです。
正確には,
・その年の翌年1月31日までに
・給料を支給し,所得税の源泉徴収をした人すべてに
支給するものです。
ただ,年の中途に退職した社員に関しては,退職した日から1ヶ月以内に交付しなければいけないことになっています。
実務上は年末にまとめて送付することも多いのですが,当事務所では,その都度作成し,郵送してもらっています。
退職者側としては,転職して他の会社に行った場合に,入社時の書類として請求されることもあります。
年末に改めて請求するのがめんどくさくて,結局もらわないまま税金を計算するケースも。
そのため,私は転職時には,最後の給与明細とともにもらうようにお願いしていました。
お互いのためにも,その都度渡す方法がベターかと思います。
==============================

■スポンサードリンク
【編集後記】
今日,友人から,伊豆のおみやげをもらいました。
あおさと夏みかん茶です。
EX-IT|
早速,あおさを玉子と一緒にスープに。
明日は味噌汁にしようかと。
雑炊やうどんにしてもおいしそうです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク