・決算,申告を最速でやってみました?決算を早く終わらせる9つの秘訣

法人の場合,原則として決算月から2ヶ月以内に税務申告をしなければいけません。
通常,遅くとも決算月から2ヶ月後の上旬から中旬に終わるようにしています。
「税務申告書の提出は最速だと,いつ出せるだろうか?」と考え,「やるのであれば,自分の経営している会社でやってみよう」と思いついたのが今月の中旬。
Twitterでつぶやいたところ,数人から反応をいただき,本当にやってみようと決意したわけです。
というわけで,6月決算の弊社の申告を本日7月1日に完了しました。
早く提出したからといって,税金が安くなるわけでもなく,一種のチャレンジです。
※前提として,弊社は
・仕入がない
・在庫の確認(棚卸)をする必要がない
・売上を確定しやすい
などという特徴があります。
実際にやってみると,決算を早く終わらせる秘訣というものが改めて実感できました。
それは次の9つです。
1 日々の経理業務を効率化・省力化しておく。
2 できるだけリアルタイムに業務を終わらせておく必要がある。つまりためこまない。
3 決算の数値をあらかじめ予測し,手を打っておく必要がある。 どのくらいの利益,納税額にするかの方針を決めておく。
4 会社側と税理士事務所側のスムーズな連携,意思の疎通。
5 経費などの請求書を早期に発行してもらう仕組みを作っておく,取引先に働きかける。
6 決算→申告の業務の流れを整理しておく。チェックリストなどで仕組み化することも有効。
7 申告にはe-tax,スキャンなどをうまく活用する。
8 日々の問題点を「決算で考えよう」「決算で修正しよう」と先延ばしにしない。
9 早く終わらせるという意識,人,時間の確保
こう考えると,力業で決算→申告を行うのではなく,日々の細かい積み重ねやスムーズな業務の流れが重要になります。当然月次決算の体制が整っていることは最低条件です。
今回改めて感じたことは,クライアントの決算・申告業務にも活かしていきます。
============================
【編集後記】
今日,近くのフィットネスクラブがOPENしたので,早速行ってきました。
初日は無理せずに,施設を一通り見学し,からだ測定を行い,プールで25m泳いだだけです。
からだ測定では,「肥満」との判定が・・・。
「ちょっと厳しすぎないか?」と思いましたが,真摯に受け止めます。
これからですね・・。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』