・著者と編集者,クライアントと税理士

昨日は,『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』の打ち上げでした。
打ち上げをご一緒していただいたのは,担当の編集者さんです。
出版業界,税理士業界,過去のキャリア,読書観,スポーツなど,話題の尽きない楽しい時間を過ごすことができました。
日本実業出版社さんは,当事務所から徒歩7,8分。
打ち上げ前に,別の部署の方と打ち合わせを行いました。
今後は,また違った展開もありそうです。
今回の本,執筆に時間もかかりましたが,校正の段階で私の方からの手直しも多く,編集者さんには非常にお手数をおかけしました・・。
多くの部分で助けていただき,感謝しております。
何よりも,最初にブログを見てお声をかけていただかなければ,出版自体もありませんでした。
経理,会計のExcel本というのは類書がほとんどありません。
編集者さん曰く,「本が完成してみて分かりましたが,類書がないのは,作るのが大変だからでしょうね汗とのこと。
ましてや,書いたのが少々(?)マニアックな税理士だったのも拍車をかけたかも・・。
本が売れるのが最大の恩返しなのですが,こればっかりは箱を開けてみないと分かりません。

著者と編集者,税理士とクライアント

著者と編集者の関係は,クライアント(経営者)と税理士の関係に似ている気がします。
本を書くのは著者ですが,編集者のサポートやアドバイスにより,本の完成度が上がります。
今回,本を書くのが初めての私にとって,そのアドバイスは非常にありがたいものでした。
ちょっとした言葉でも,なるほど~と思ったり,疑問が解決したりすることも多かったです。
何よりも疑問や迷ったことをなんでも聞けたことが助かりました。
同様に経営するのは,経営者であり,税理士ではありません。
税理士は,あくまでサポートやアドバイスをする立場だと思っています。
ただ,ありきたりな言葉や通り一辺倒のアドバイスでは,意味がありません。
こういったことは常々気にしていることですが,今回,出版で「あ,こういうアドバイスは助かるな」「短くても気づきを与えてくれる言葉が重要だなぁ」という逆の立場を経験をしたおかげで,さらに本業にフィードバックできそうです。


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』