・ウェットスーツ初体験

初トライアスロンまで1週間を切りました。
徐々にトレーニングの量を減らしていく予定です。
今日は,朝,皇居を走り,その後,三浦海岸へ。
懸念のスイムのためです。
レースではウェットスーツを着用し,海を750m泳ぎます。
一度,このウェットスーツと海を体験しておきたいと思っていました。
そもそも海なんて,まともに泳いだことがありません。
ウェットスーツはゴムでできており,浮くようになっています。
まずは,着脱がうまくいくかどうかという問題がありましたが,事前に仕入れていた情報を元になんとか着ることができ,いよいよ海へ。
ウェットスーツに慣れる目的で午前中はプカプカ浮いていました。
最初はちょっと恐怖心もありましたが,力を抜けば浮くというのが体で分かると,浮くことに関しては何とかなります。
ウェットスーツはこんな感じです。
$EX-IT|
実際に泳いでみると,やはりプールで泳ぐのと,海で泳ぐのとは違います。
その違いは,
・足が下につかない(プールでもそういうところはありますが)
・塩水(鼻や口に入ったとき,つらいです。)
・波(息継ぎをしたときに水が入ってきたり,泳いでいると流されます)
などがあります。
目的の方向に泳げているか,ときどき確認しなければいけないので,ちょっとクロールで泳いでは浮いてみて前を確認,そして泳ぐという繰り返しがいいようです。
ただ,前述した息継ぎ時に鼻に水が入りやすいという状況でなかなか楽には泳げません。
最終的には,鼻に水が入っても気にしないのが一番かも・・・と思っています。
レース中も混戦を避けるためや体力回復のために,ときどきプカプカ浮いておきたいのですが,制限時間が設定されているため,そうもいきませんカゼ
後続(いないかもしれませんが)の人もいますし。
途中リタイヤの可能性が高いのは,やはりこのスイムでしょうね・・。
いろんなことがわかったのは収穫でしたが,今日も750m泳いだわけでもなく,これまでレース距離を実際にこなしていないのはスイムだけです。
といっても,今度の土曜日に本番はせまっていますし,体調を整えて,やるだけやってみますアップ