・ようやく下がった法人税の税率【平成23年税制改正解説その1】

先ほど、平成23年税制改正の内容が発表されました。
発表の内容は、審議の段階で報道されていましたので、ご存じの方も多いかもしれません。
数回に分けて、この改正内容を解説していきます。
今日は、「ようやく下がった法人税の税率」というテーマです。
対象となる方
すべての法人
現在の制度
普通法人 
 法人税=所得×30%
※所得とは、会計上の利益に調整を加えたものです。
ほぼ税引前当期純利益と考えていただいて結構です。
中小法人(原則として資本金が1億円以下の法人)
 法人税=所得×30%(ただし、年間800万円までは18%
 例)所得が1,000万円の場合
  800万円×18%+200万円(1,000万円のうち、800万円を超える部分)×30%
  =204万円
改正後
普通法人
 法人税=所得×25.5%
中小法人
  法人税=所得×25.5%(ただし、年間800万円までは15%
 例)所得が1,000万円の場合
  800万円×15%+200万円(1,000万円のうち、800万円を超える部分)×25.5%
  =171万円
いつから?
 平成23年4月1日以降に開始する事業年度から適用されます。
 (例)3月決算の場合、平成24年3月期から
解説
 再三、要請があった法人税の引き下げがようやく実現しました。
 民主党のマニフェストにもありましたが、スルーされましたしね。
 すべての法人に関係します。
 上記の例だと、33万円の減税です。
 合わせて住民税や事業税なども下がるため、全体でだいたい5%程度、税金が減ることになります。
 詳しい試算は、後日改めて行います。
【関連記事】  
・法人の所得に占める税金の割合
・決算書の利益(四角)と法人税上の利益(でこぼこ)の違い
・法人税の計算のしくみ
・法人税の申告書はなぜ複雑なのか?
・法人税等を計算するための8つの基礎知識
・「法人税の引き下げ」見送り→法人税のしくみ
・個人事業主が法人化する場合の10のメリット
【平成23年税制改正関連記事】
・ようやく下がった法人税の税率
・高額所得者に増税~給与所得控除の改正~
・年収2,000万円超の役員はさらに増税~給与所得控除の改正
・23歳以上65歳未満の扶養控除廃止
・相続税が人ごとではなくなる
・贈与税は減税&増税
・消費税の免税制度の見直し
・売上5億円超の場合は消費税の計算方法が変わる
・減価償却費の計算方法が変わり、税負担が増える
※平成23年の税制改正は、国会で正式決定してからの実施されますが、例年、ほぼ、この案どおり決定されております。
======================

■スポンサードリンク
【編集後記】
先日、タスク管理のソフトを変更しました。
最近はMac専用のOmniFocusというソフトを使っていましたが、さすがに気軽に勧められるものではありません。
高いですしね。
今はWindows、MacにかかわらずWeb上で管理できるToodledo(無料)を使っています。
前に使っていたソフトです。
考え方は同じなので、このソフトをベースにタスク管理手法を紹介していこうと思っています。
まだ設定が完全ではなく、設定ながら使っているところです。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク