・売上5億円超の場合は消費税の計算方法が変わる【平成23年税制改正解説その8】

税制改正の中には、さらりと触れられているけど、実は大きな影響があるものがあります。
消費税の計算方法の改正がその1つです。
消費税率を上げずに消費税の税収を増やす案といえます。
今回は、「売上5億円超の場合は消費税の計算方法が変わる」というテーマです。
対象となる方
法人・個人事業主で課税期間の売上が5億円超
現在の制度

○消費税の計算方法
現在の制度は、納付する消費税の金額を次のように計算します。

預かった消費税-支払った消費税
例えば、売上が1,050円(税込)、経費が525円(税込)の場合を考えてみましょう。
この場合、
・預かった消費税 1,050円×5/105=50円
・支払った消費税 525円×5/105=25円
・納付する消費税 50円-25円=25円
となります。
この例では、「支払った消費税」25円を全額引くことができています。
しかし、消費税の規定ではこれを全額引けない場合が存在するのです。
○非課税売上がある場合の消費税の計算方法(原則)
例えば、消費税課税の売上が840円(税込)、消費税非課税の売上が200円、経費が同じく525円(税込)としましょう。
(どういう場合に非課税になるかは後述します。)
この場合、消費税を計算すると、
・預かった消費税 840円×5/105=40円
・支払った消費税 525円×5/105=25円
・納付する消費税 40円-25円=15円
となります。
しかし、消費税法上、「支払った消費税」は、課税の売上(840円)に対するものしか認められていません。
経費525円(うち消費税25円)は、課税の売上(840円)、非課税の売上(200円)両方に対するものだからです。
次の図のように、売上高のうち、課税の分の割合だけを差し引くこととなります。
税抜の売上1,000で考えると課税の割合は、800/1000=80%です。(「課税売上割合」といいます。)
経費にかかる消費税25円のうち、この80%が「支払った消費税」になります。
20%分の5円は差し引くことができません。
EX-IT|
まとめると、
・預かった消費税 800円×5/105=40円
・支払った消費税 525円×5/105×80%=20円
・納付する消費税 40円-20円=20円
となります。
以上の計算方式を「一括比例配分方式」といいます。
消費税の計算方式には、さらに「個別対応方式」というものがあり、実務上はこれらを比較し、有利な方を選択します。
○非課税売上になるもの
非課税売上になるものとして、代表的なのは次のようなものです。
・土地の譲渡、貸し付け
・住宅としての貸し付け
・受取利息
このうち、受取利息は、ほとんどの法人で発生しますので、課税売上割合は100%未満になることが多いです。
○課税売上割合が95%以上の消費税の計算方法
本来は上記のように計算する必要がありますが、課税売上割合が95%以上であれば、全額「支払った消費税」として認められます。(以下「95%以上の特例」といいます。)
土地の譲渡などがなければ、ほとんどの法人で経費にかかる消費税を「支払った消費税」として全額控除しています。
今回の改正
課税期間の売上が5億円を超える場合は、上記のうち「95%以上の特例」が適用されなくなります。
原則通り、厳密に消費税を計算しなければいけません。
いつから?
平成24年4月1日以後に開始する課税期間から適用されます。
※消費税は、事業年度(1年)の他に、1ヶ月又は3ヶ月という課税期間を任意に選択できます。消費税の還付を受ける場合(輸出企業)に活用することが多いです。
 
解説
非課税売上は、通常受取利息だけの場合が多いので、課税売上割合は、だいたい98%前後に収まります。
ただ、5億円超の法人だと影響額が多くなる可能性も高いです。
例えば、売上高が5億2,500万円(課税売上高)、受取利息が1万円(非課税売上高)、経費(課税のもの)が3億1,500万円とします。
課税売上割合は、5億円/(5億円+1万円)=99.9%です。
(税抜で計算します)
改正前は、
・預かった消費税 5億2,500万円×5/105=2,500万円
・支払った消費税 3億1,500万円×5/105=1,500万円
・納付する消費税 2,500万円-1,500万円=1,000万円
です。
改正後は、
・預かった消費税 5億2,500万円×5/105=2,500万円
・支払った消費税 3億1,500万円×5/105×99.9%1,498万5,000円
・納付する消費税 2,500万円-1,498万5,000円=1,001万5,000円
です。
改正により、1万5,000円だけ消費税が増えることになります。
(上記の例は、便宜上、課税売上割合を端数処理しています。)
事業規模が上がれば上がるほど、改正の影響は大きくなります。
また、実務上の負担も増えます。
実務上の負担が増えるけど減税になるというケースが多いのですが、今回の場合は、負担も増え、増税という非常に好ましくない改正案です(^_^;)
【平成23年税制改正関連記事】
・ようやく下がった法人税の税率
・高額所得者に増税~給与所得控除の改正~
・年収2,000万円超の役員はさらに増税~給与所得控除の改正
・23歳以上65歳未満の扶養控除廃止
・相続税が人ごとではなくなる
・贈与税は減税&増税
・消費税の免税制度の見直し
・売上5億円超の場合は消費税の計算方法が変わる
・減価償却費の計算方法が変わり、税負担が増える
※平成23年の税制改正は、国会で正式決定してからの実施されますが、例年、ほぼ、この案どおり決定されております。
【関連記事】
・経費にかかる消費税の区分
・法人成りのタイミングその4~法人の場合の消費税の特例
・消費税が非課税となる場合
・消費税が課される場合
・税金の損得を決める届出書~消費税の計算方法の選択
・納める消費税を計算する2つの方法~原則課税と簡易課税
・消費税を処理する2つの方法
利益がマイナスでも消費税を支払わなければいけない場合
消費税の貯金
もらった消費税は,払わなくて(納税しなくて)いいのですか?
消費税の滞納
============================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日はクライアント2人を交えて、食事。
お互いも友人同士です。私は、2人が友人だったことは、しばらく知りませんでした。
こういう形で集まれるのはうれしいことです。
海・山・大地の産直素材 食通工房 然 -ZEN- 汐留店
ネットで検索してはじめて行ったお店でしたが、大当たりでした。
産地直送の野菜と魚がおいしく、店員さんの対応もいいです。
モッツァレラチーズを春巻きの皮で包んで揚げた「モッツァレラチーズ揚げ」もおいしく、早速パクろうと思っています。
入っていたのはチーズだけだと思います。これを塩で食べました。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###