・仕事を時間で解決すべきではないー負の連鎖を断ち切ろう その2ー

前回の記事に続いて、友人の話です。
・繁忙期は突然やってこない~負の連鎖を断ち切ろう その1~
この繁忙期に備えて、土曜日も出勤となったそうです。
受験生である彼にとっては、勉強するという貴重な時間が奪われてしまうことになります。
(面接時は、土曜日出勤の話はなく、通常も残業がないということだったそうです。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・仕事を時間で解決すべきではない~負の連鎖を断ち切ろう その2~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
仕事を時間で解決すべきではない
私が勤務した3つの税理士事務所は、基本的に残業がありませんでした。
それなりに努力が必要だったのはいうまでもありませんし、私以外で残業していた方がいた事務所もあります。
そのうちの1つの事務所は、12月から3月までの土曜日と、月末の土曜日は出勤する必要がありました。
税理士事務所の仕事が集中する時期、いわゆる繁忙期だからです。
結局は、私がそのときのトップにかけあい、この土曜日出社はなくなりました。
仕事が終わらない結果、土曜日に出社するならともかく、最初から時間で解決するのは猛反対だったからです。
仕事の成果は時間だけで判断するものではないと思っています。
例えば、9時~18時まで働いても、9時間。休憩すれば8時間。
この限られた時間で、どういう成果を出せるかを考え、工夫することが仕事の成果の質を上げ、個人のスキルを上げると考えています。
「仕事が終われば18時に帰り、その後は友人と会ったり、買い物ができる」とと
「仕事が終わっても21時まで帰れない」
というのでは、日中の仕事の効率が違ってきます。
時間があればあるほど、無駄に時間をかけてしまったり、必要のないこともやってしまいます。
イギリスの学者パーキンソンは、この状態をこう言っています。
「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」(パーキンソンの法則)
仕事を時間で解決するのは得策ではありません。
仕事の成果
新人のうちは、「実力不足だから、時間をかけてひたすらやるべき」という考え方もあるでしょう。
「質より量」という言葉もあります。
私なりの考え方は、「ある程度の質があってこその量」ということです。
ただ、がむしゃらに仕事をやるのでは、いつまでたっても質は高まりません。
例えば、税金や会計を理解しないまま、作業だけをやっても意味がないのです。
その作業の背景や趣旨を理解しながらやった方が、ミスも減り、やっている本人も楽しいはずです。
負の連鎖
仕事を時間で解決するのも負の連鎖です。
時間が足りない→長時間労働→仕事の質を上げる時間がない→時間が足りない→長時間労働・・・・・・・
どこかで断ち切らなければいけません。
とはいっても、会社の負の連鎖に巻き込まれたら、どうするか?
非常に難しい問題ですが、私が実際にやっていた、やっていることをいくつか挙げてみます。
(自戒の念を込めて)
・これから何をやるべきか整理する
→何を、いつまでにやるか分かっていないと時間がかかる。徹底して上司に聞く。
(時間管理できていない上司ほど嫌がりますがw)

・量より質に着目して仕事をこなす
→質を上げれば、量を解決できることが多い(例、PCスキル)
・時間を制限する
→○時までしか仕事をしないと決める。
・自分のデスク、PCファイルの整理整頓
→時間がないときこそ大事です

・上司のタスク、スケジュールを聞く
→仕事に割り込んでくる上司・同僚をコントロールすることもときには必要です。
会社、事務所の負の連鎖に流されず、質を意識した働き方をしていると、将来、別の職場に転職したとき、又は起業したときにきっと役立ちます。
=========================
【編集後記】
おとといから500円玉貯金を始めました。
実は貯金箱に貯金するなんて、小学生以来です。
財布に500円玉があれば、入れるようにしています。
Excelのスピードをもっと上げたい方へ→2/5「Excelショートカットキー道場」の詳細・お申し込み【残席1名】

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』