・こつこつ積み重ねるーマラソンから得た教訓ー

昨日、多摩川ロードレース(10km)に参加してきました。
立川から南武線に乗り換え、矢川駅から徒歩15分のところが会場です。
結果は50分16秒。目標の50分を切ることはできませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
こつこつ積み重ねる~マラソンから得た教訓~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ラップタイム
iPhoneアプリRunkeeperで計測した1kmごとのラップタイムです。
EX-IT|
10kmを50分で走るには、1kmを5分で走ればいいことになります。
ラップタイムを見ると、4km~5kmが5分32秒、5km~6km、6km~7kmが5分11秒。
この辺の遅れが致命的でした。
最初の1kmは、グラウンドがぬかるんでいたため、ペースが遅くなっています。
後半追い上げたのは、まずまずでしたが、途中の遅れを取り戻すことができませんでした。
今回走っていて2つの教訓がありました。
1kmあたり1.6秒
1つめは、少しの遅れが積み重なると、大きな損失となるということです。
今回、目標から送れたのは、たった16秒。
1kmあたり1.6秒がんばれば、稼げた時間です。
しかし、数秒ずつの遅れでも、積み重なれば、挽回が難しくなります。
走りながら、タイムを見ながら、苦しい思いをしました。
これは普段の生活、仕事にも当てはまるのではないでしょうか?
「今日は、いいや」
「後でやればいい」
「疲れた・・・」
と物事に少しずつ遅れが生じることがあります。
私の場合、ついネットを見ていて、1時間過ぎた、なんてこともあります。
10kmマラソンほどの大きな影響はありませんが、蓄積すると、まだまだ多くの時間を無駄にしている気がします。
今回のレースで1kmあたり1.6秒がんばればよかったように、日々、ちょっとだけ時間を意識して行動すべきではないかと思います。

4分30秒で走れるか?

もう1つの教訓は、一気に挽回するのは難しいと言うことです。
今回のレース、最後の1kmを4分30秒くらいで走ることができれば、トータルで50分を切ることができました。
しかし、私の今の力ではとてもそんなペースで走れないでしょう。
限界まで走れば可能だったかもしれませんが、不可能に近かったと言うことです。
仕事でも、一気に挽回できないケースがあります。
たとえできたとしても、質が落ちたり、ミスをしたり、肉体的・精神的負担が大きかったりするものです。
仕事も、こつこつとやるのが一番楽な気がします。
例えば、会計データの入力。
全体量にもよりますが、日々又は週に1回程度入力するのが一番楽です。
まとめてやると、気が滅入りますし、負担も大きくなります。
節税も同じです。
一気に税金を減らそうとすると、無理をしなければいけません。
一見節税に見えても実は税金を先送りしているだけのものも多いのです。

こつこつと積み重ねる
2つの教訓からいえるのは、こつこつと積み重ねていくのが物事の秘訣ではないかということです。
これが「習慣」だと思います。
習慣とは、少しの力で、負担なく行うことができるものです。
習慣となるまでに反復トレーニングが必要なのはいうまでもありませんが、一度習慣になれば楽なものです。
とはいえ、あんまりガチガチに考えると、逆に疲れてしまうのが、そういう意識を持ちたいものです。
今回、セミナーで知り合った友人、菱木 豊さんと一緒に出場しました。
2ヶ月前に一緒に皇居ランで走って以来、着実にトレーニングを積んでいたのがすばらしいです。
友人と一緒に走るのは初めてだったのですが、いつもより楽しく走ることができました!
今後も誰か誘おうかなぁと思っています。(立候補大歓迎です)
新しい事業を立ち上げようとしている27歳の彼と、レースの前後、ビジネスやプライベートの話ができたことも楽しかったですね。
私が27歳の時なんて・・・・・・と思いつつも、いい刺激になりました。
彼も毎日ブログを更新しているので、是非ご覧ください。アメブロです。→ブログ「無限の可能性」
ちなみに、10kmレースの方が30kmレースより面白く感じました
スピード感もありますし、50分という時間もちょうどいい気がします。
今後は10km中心に出場しようと思います。
=========================
【編集後記】
昨日、セミナーの懇親会で、友人と「効率化」が話題となりました。
オススメ本とアプリを紹介すると、早速購入してくれたのがうれしいです(^_^)
さらにEvernoteの使い方について話しました。
・ Evernoteのしくみと現在の使い方
・自分のインプット、アウトプットを収集して整理できるEvernote
・iPhoneのEvernoteを使った読書メモ
何でもメモできるEvernote
・集中力を管理できるポモドーロテクニック
自分なりに研究、実践したものがありますので、軌道に乗るまでサポートしようと思います。
残席1名→2/19「Excelショートカットキー道場」の詳細・お申し込み