・秘密兵器は「自分の時間」

ヒーローには秘密兵器があり、一見、苦境に立たされても、必ず逆転勝利をおさめます。
そんな秘密兵器欲しいなぁと思いつつも、なかなかあるものではありません。
それでも、私自身は、その秘密兵器を日々意識しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】

・秘密兵器は「自分の時間」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「自分の時間」を作る
秘密兵器とは「自分の時間」です。
だいたい、1日に3時間くらい、「自分の時間」を持つようにしています。
必ずしもとれるわけではありませんが、常に心がけています。
私の標準的な時間の使い方は、次の通りです。
なんだかんだと仕事は10時間くらいしている気がします。
6時~18時だと12時間ですね(^_^;)
EX-IT|
「自分の時間」の3時間でやっていることは、
・読書
・スポーツ(テニス、ラン、スイム、バイク)
・サッカーの試合を見る
・ゲーム
・一応、家族との時間
などです。
ブログもこの時間帯に入ることが多いですね。
読書は、移動時間のうち、電車に乗っている時間をメインに使います。
「自分の時間」を持つと、好きなことに時間を割けますし、仕事へのフィードバックも大きいです。
なぜ、「自分の時間」が秘密兵器か?
「自分の時間」は、瞬時に削ることができます。
いざとなれば、読書、スポーツなど自分の時間を削ることで、急な案件にも、仕事が詰まってきたときにも対応できます。
特に急に舞い込んできたチャンスは逃さないようにしています。
ただし、あくまで秘密兵器なので、いざというときしか使ってはいけません。
とはいえ、先月は、かなり使いすぎました(^_^;)
読書はともかく、スポーツはかなり切り捨てています。
特に、テニススクールの振替が消化し切れていません。
そもそも、ただでさえ、この時期は業務量が増える上に、バルセロナ観戦を入れたからなのですが。
1月、2月はセミナーも入れすぎました。(開催4回 参加5回)
理由はともあれ、反省すべきだと思っています。
自分ができることを過大評価し、仕事に必要な時間を過小評価しすぎているということでしょうね。
・1つの仕事に必要な時間を過小評価する
実際は、3時間も「自分の時間」をとれていませんが、気持ちの持ちようで、秘密兵器があると思うと、少し楽になります。
限られた24時間。意外と自由になる時間は短いものです。
ちょっとでも「自分の時間」を確保してみてはいかがでしょうか?

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』