・「あとで読む」は禁止

朝、事務所に着いたときにやるタスクが2つあります。(その他にも「朝のタスク」がありますが、どこでもできるので別で管理しています)
1つは、手洗い、うがい。
もう1つは、郵便物の処理です。
その際に、「あとで読む」は原則禁止にしています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・「あとで読む」は禁止
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
即、読むor捨てる
例えばこんな感じで、郵便物が来ます。
EX-IT|
業界紙、ちらし、DM、さまざまです。
まず、必要のないものは即、捨てます。
読む必要がある書類が問題です。
「あとで読もう」と思って保管しておいても、私の場合、ほとんど見ません。
その結果、紙の書類が増えていってしまします。
だからこそ、タスクに入れて、強制的に郵便物を処理するようにしています。
どんなに仕事が詰まっていても、すぐに仕事を始めたくても、強制的に処理します。
今日の郵便物も、その場で読みました。
量も多かったので、66分かかりましたが、この山はすべてゴミ箱行きです。
1点、資料としてとっておきたい箇所があったので、スキャンしました。
当然、スキャン後の紙は捨てています。
スキャンでも「あとで読む」は禁止
昔は、「読むかもしれないから、とりあえずスキャンしておこう」といったんスキャンすることもありました。
しかし、スキャンしても読まないものは読みません。
今や、PCの容量も増え、スキャンの手間もたいしてかからないので、とりあえずスキャンする考え方もあると思います。
ただ、無駄なものはPCに入れておきたくない気がするのです。
PCの容量に関係なく、取得する情報、とっておく情報はあえて選択したいと思っています。
「重要な情報を捨ててしまったら・・・」という危惧はありますが、それでも、その場で重要かそうでないかの判断力を鍛えたいのです。
インターネットの情報
インターネットの情報も、「あとで読む」のを原則禁止しています。
それこそ、「あとで読む」というサービスもありますね。
Evernoteに保存しても見ない情報は見ない気がします。
あくまで、読んで必要と思った情報のみ保存しています。
メールも同じですね。
今のメール処理の方法は、次のとおりです。
ほぼリアルタイムに読む(打ち合わせ中などを除く)

即返信すべきか、あとで返信かを判断
「メール来てるな、今は読めないから、あとで読もう」ということはしないようにしています。
例外・・・・
ただ、書籍については、「あとで読む」ものが多すぎます。
先日、大量に処分しましたが、未読本は多いです。
本は買った瞬間が一番読みたいときだと思いつつも、つい貯めてしまします。
今後は、この点を改善したいと思っています。
(といいつつ、昨日も大量にまとめ買いしてしまいましたが)
書類がたまる、読むべきものがたまる・・・・・・・という方は、「あとで読む」を禁止してみてはいかがでしょうか?
その場で読む時間がなければ、時間を作るか、読まないという選択肢を選ぶのも手だと思います。
情報は次から次に来るものですしね。
=========================
【編集後記】
昨日はセミナー仲間のちゃっぴーさんの壮行会でした。
4月から活躍の場を福岡にうつします。
非常に面白いコンテンツをお持ちなので、仕事とともに今後のブログにも期待しています。
(セミナー仲間は全員、毎日ブログを更新しています)
同じセミナーに参加した仲間とこういう形で集まれるのはうれしいことです。


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』