・カウントする習慣ー「あと何日?」

私は昔から、日数をカウントする習慣があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・カウントする習慣~「あと何日?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あと何日?

大きなイベントがある場合、「あと何日」と日々意識しています。
今だと、トライアスロン。レースまであと50日あります。
直前1週間は練習量を落とすことを考えると、43日です。
仕事の方は、
「○○社の申告期限まで△日」と明確にカウントすることはありませんが、
年間のスケジュールは常に意識しています。
税理士受験時代も、必ずカウントしていました。
その当時の友人に聞くと、カウントしている人はいませんでしたが、
意外とやらないものなのでしょうか。
ただ、あまり早くにカウントし始めてもしょうがないので、
4月くらいからカウントしていました。
8月に試験がありますので、4月だと、「あと100日」くらいだからです。
カウントすると、自分にどのくらいの時間が残っているかを明確に意識できます。
例えば、税理士受験で言えば、
あと100日で1日平均10時間勉強したら、1,000時間です。(専念の場合)
働いていると、もっと少なくなります。
カウントしているもの
前述のトライアスロンのレースの他、
・40歳までの日数
・80歳までの日数
を毎日見ています。(Excel上でカウントしています。)
「なんか疲れたなぁ」と思うとき見ると,効果あります(^_^)
・メメント・モリ(死を想う)
EX-IT|
さらに細かい話を言えば、
1日24時間のうち、
寝る時間、食事、移動、準備、仕事を除いたら、
何時間あるか?
というのは常に意識すべきだと思います。
意外と少ないものです。
ぜひ、カウントしてみてください。
=========================
【編集後記】
昨日は、TIスイムの日。
今まで考えていたのとは全く異なるコツを教わりました。
どうりで疲れるわけです。
その後、復習を兼ねてプールで泳いだら、かなり楽に泳ぐことができました。
日常の中でこういう発見があるとうれしいです。


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』