・発生主義を実際に行う場合の課題と対策

会計は発生主義で行います。
この発生主義、実際にやってみるとなかなか大変です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・発生主義を実際に行う場合の課題と対策
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
発生主義とは
費用が発生した月に計上するのが発生主義、これに対して支払があった月に計上するのが現金主義(支払主義)です。
例えば、4月分の経費で、5月に支払うものがあるとします。
(ほとんどの経費がこのパターンです。)
これを4月に計上するのが、発生主義、5月に計上するのが現金主義です。
例えば、仕入で考えてみます。
4月の売上が1,000だとします。
さらに
3月の仕入(4月に請求書が来て支払う)が500
4月の仕入(5月に請求書が来て支払う)が400
としましょう。
EX-IT|
発生主義だと、4月の売上総利益は、1,000-400=600です。
(4月の仕入を計上)
現金主義だと、4月の売上総利益は、1,000-500=500です。
(4月に支払う仕入を計上)
計上の方法を変えるだけで、利益が変わってしますのです。
業績を正しく反映したものではないため、好ましくありません。
税務上は、発生主義で計上する必要があります。
(どの売上を○月分とするかはそれぞれの基準があります)

発生主義の課題と対策

この発生主義には、実務上次のような課題があります。

・請求書の到着が遅い場合どうするか?
請求書が来ないと、金額が分からない場合は特に困ります。
しかし、請求書の到着を待っていては、いつまでたっても月次決算が終わりません。

第一に、請求書の早期発行を依頼すべきでしょう。
意外とすんなり応じてくれることもあります。
別の方法で金額を見積もることができれば、その金額で月次決算を行う方法もあります。
月次決算は正確さよりもスピードを重視すべきです。
翌月終わりに出てくる数字よりも、翌月初めに出てくる数字の方が、意思決定を行う際に有益なのは言うまでもありません。
・経理の手間がかかる
現金主義だと、
仕入 / 普通預金
と1つの仕訳で済みます。
発生主義だと
仕入 / 買掛金
買掛金 / 普通預金
という2つの仕訳です。
さらに買掛金の残高をきっちり合わせる必要があります。

正確な業績を算出するためには、発生主義での計上が必須です。
しかし、金額が少ない科目、毎月そんなに大きく変動しない科目は、発生主義にこだわる必要はないと思います。
例えば、水道光熱費、毎月定額の経費などは、現金主義で行ってもいいでしょう。
(水道光熱費も業種によっては、大きく変動するケースがありますので、その場合は発生主義にしています。)
決算時のみ、発生主義で計上すれば大丈夫です。
正確な会計処理と手間のバランスは重要です。
いくら正確に会計処理ができるからと、業務に支障があっては意味がありません。
月次では簡易的な方法を行い、決算では正確に合わせるという方法もよく使います。
=========================
【編集後記】
とあるプロジェクトに向けて動き出しました。
時代に逆行するかもしれませんが、一度突き詰めてやってみようと思っていたことです。
これから約1ヶ月、やるべきことは多いのですが、成果は期待できます。

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』