・カフェでノマドをする5つの理由

ノマドとは、遊牧民という意味です。

ノマド・ワーカー、ノマド・ワーキングとは、オフィス以外の場所で仕事をすることをいいます。
私も実は、この働き方をすることが多いです。
今やPC+ネット環境があれば、ほとんどの仕事をこなすことができます。
だからこそ可能な働き方です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・カフェでノマドをする5つの理由
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カフェでノマド

昨日は、プールの近くのスタバでこんな感じで仕事していました。
Excel本に関するものです。
ここは1人席があるのがうれしいですね。

ここも意外によかった場所です。新宿西口地下のロッテリア。

ちょっと狭いのですが、このようにブースのような席があります。

基本はPCを持って行きますが、iPadだとこんな使い方もできます。


■スポンサードリンク



なぜ、ノマドなのか?

なぜ、わざわざカフェで仕事をするのか?というと次の5つの理由があります。

1 気分を変えるため

1カ所で仕事をするよりも場所を変えて仕事をすると、集中できることが多いです。

ノートPCを持ち運んでいれば、どこでも同じ環境で仕事ができるようにしています。

ただし、デュアルディスプレイを使う仕事は必ずオフィスでやります。

2 適度な騒がしさ

カフェだと適度な騒がしさがあるので、集中力にいい影響がある気がします。

あくまで「適度な」が理想ですので、iPod+防音イヤホンは必須です(^_^;)

3 眠気対策

多少眠くなるようなことはあっても、カフェでは熟睡しません。(たまにしている方もいますが)

眠気対策に利用することも多いです。

私は平日午後やスポーツの後に利用しています。


4 時間調整

予定の前後にカフェを利用することもあります。

時間の調整もできるからです。

予定がある場所によって、カフェを変えるという楽しみもあります。

クライアント先をはじめ、よく行く場所ではお気に入りのカフェがいくつかあります。

5 時間制限

一番大きな特徴はこれでしょう。

私のMacは、バッテリーが3時間半持ちます。

(明るさを調整、ネットを過度に使わない場合)

逆に言うと、「3時間半しか持たない」のです。

この時間を無駄に過ごすと、何もしないうちにバッテリーが切れてしまいます。

集中力を要する仕事、なかなか進まない仕事、期限が迫っている仕事などをカフェですることが多いです。

やはり原稿を書くことが多いですね。

ときには、単純作業をすることもあります。

電源を利用できるカフェもありますが、私はあえて利用しません。

カフェでの仕事では、「混んでいるときには利用しない」など、気をつけていることもありますので、次回以降記事にします。

=========================
【編集後記】
原田マハさんの『キネマの神様』に影響され、昨日の夜、『ニュー・シネマ・パラダイス』を見ました。

キネマの神様 (文春文庫)/原田 マハ
¥650
Amazon.co.jp
■スポンサードリンク

■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』