・税金を減らすために必要な経費

「税金を可能な限り減らす」
というのは、我々税理士に望まれていることの1つです。
もちろん、ムダに税金を払う必要はありませんので、可能な限り税金を減らします。

ただ、急激に売上が上がった場合などは、税金を減らすにも限界があります。

--------------------------------------------------

【今日のテーマ】

・税金を減らすために必要な経費

--------------------------------------------------

税金を減らすには・・・・・・

例えば、税金が30万円になりそうだとします。

仮に

「うーん、ちょっと30万円は多いなぁ」
「10万円くらいにしたい!」

という要望があったとしましょう。
(事前にできる節税策はすべてやっている状態と仮定します)


もちろん、架空の経費をいれたり、売上をなかったものにすることはできません。

一番良くあるケースが

「何かに使っちゃおう」

というものです。


しかし、20万円の税金を減らすように、お金を使うのは結構大変です。

この場合だと、約66万円を使わなければいけません。


税金の計算構造

その理由は税金の計算構造にあります。
税金は、所得に税率をかけて計算します。





上記の例では、

100万円×30%=30万円

と計算されているのです。(税率は30%とします)


この税金30万円を減らして、10万円にするには、

□×30%=10万円

となる必要があります。

逆算すると、所得を約33万円にしなければいけません。
(33万円×30%=約10万円)
ということは、約66万円、経費を使わなければいけないということです。

(所得は収益-経費とほぼイコールです。)


66万円の経費を使うと考えると、いろんな案があります。
しかし、こういうときに税法では、当然のように制限があるのです。

・社長にボーナス66万円→経費になりません。
・社員にボーナス66万円→一定の条件でOKです。
・社員旅行→一定の条件でOKです。
・保険に入る→本当に必要なら・・・・・・。根本的な解決にはならず。
・中古の車でも買おう→減価償却となり、全額は経費となりません。しかも月割りです。
・飲みに行こう→66万円飲むのは結構大変でしょう・・・・・。交際費となり税金の対象となる可能性もあります。
・配当を出そう→もともと配当は経費にできません。あくまで税金を支払った後に分配するものです。
・パソコンを3台くらい買おう→必要ならいいでしょうけど・・・・・・。
・広告費につぎ込もう→対象の期間によっては来期の経費になる可能性も。
・在庫の金額を変えよう→ダメです(笑)


急に税金を減らそうとすると大変ですし、限界があります。
早めに税金のシミュレーションを行い、それなりの策を打っておく必要があるでしょうね。



=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
先日、代官山に行ったときにみかけたセレブ・デ・トマト。
お店は以前から知っていましたが、代官山にもあるのは知りませんでした。
なんとなくデザートを買ってみると、かなりおいしい(^_^)
トマトとは思えない味です。

奥がトマトのティラミスで手前がトマトのパフェ



「トマトっておいしいなぁ~」と思いながら、昨日は大量にトマトを買ってきました(最近安い)
トマトとあさり、ズッキーニを赤ワインで煮込んだものです(^_^)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###