・その日にしなければいけないタスクをなくす

スケジュールとタスクを管理する上で、いくつかルールを決めています。
その1つは、
「その日にしなければいけないタスクをなくす」
というものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・その日にしなければいけないタスクをなくす
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・スケジュールとは、他人が絡む予定で開始時間(ときには終了時間)が確定しているもの
・タスクとは自分がやるべきこと、やると決めたことで、いつやるかは自分で決めるもの

と考えています。
ただし、タスクでスケジュールに関連するものは注意が必要です。
タスクが「決まった日時にやらなければいけないもの」になるからです。
スケジュールに関連するやらなければいけないタスクは、スケジュール(期限)が近づくにつれて、緊急度が高まります。
EX-IT
緊急度が高まれば高まるほど、時間の自由度が減っていきますし、タスクの質の低下やミスを引き起こすこともあるでしょう。
スケジュールを変更せざるといけない事態にも陥ります。
だからこそ、毎日実行するルーティンを除いて、
「その日にしなければいけないタスクをなくす」
ことを心がけています。
時間の余裕を作るには、緊急度が高まらないうちに、つまり、期限が迫らないうちにタスクをこなすことが必須です。
その日にやるべきタスクでいっぱいだと、急な変更や仕事に対応できません。
急なスケジュールやタスクは、いつ振ってくるか分かりませんからね。
そして、チャンスも急にやってくるものです。
「チャンスを逃さないように自由度を高めておこう」と心がけていると、時々いいチャンスがやってきます(^^)
=========================
【編集後記】
先日、甥っ子2人が遊びに来たので、リクエストにより、オムライスと親子丼を準備。
子供が食べるとなると、味付けにより慎重になります。
評価は上々で一安心です(^_^;)