・仕事中に改善の時間を作る

今だからいえることですが、勤務していたとき(公務員、税理士事務所、会社)は、仕事を改善するための時間を作ろうと努力していました。
仕事の改善を考えるほか、そのために必要な自分のスキルを上げるためです。
Excelを覚えたり、マニュアル・チェックリストを研究したりしたのもこの時間でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】

・仕事中に改善の時間を作る
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なぜ改善の時間が必要か?
「仕事中に改善の時間を作る」というと、サボっているようですが、決してそうではありません。
意識して時間を作らないと、いつまでたっても仕事を改善できないと思っています。

しかし、これには大きな問題点があります。
ほとんどの場合、改善の時間を取ることについて、上司はいい顔をしません。
「そんなことする暇があったら、こっちの仕事やってくれ」と目の前の仕事を優先させられることが多いでしょう。
改善は、短期的な成果を目指すものではなく、長期的に成果が出るものですので仕方がありませんし、目の前の仕事だけをこなしていたら、スキルも上がりませんし、仕事の質も向上しないと私は思っています。


上司の想定を上回るスピードをつける

そこで、私が会社員生活約10年間でやってきたのが、
「上司の想定を上回るスピードをつける」
ことです。
上司が1時間で終わるであろうと考えている仕事があったら、例えば55分で終わらせるように努力するのです。
そうすれば、5分間を改善の時間に使えます。

EX-IT

その時間でExcelを覚えたり、仕事の内容をまとめたりとプラスアルファのことをします。
繰り返すと改善の時間がだんだん増えてきます。
「改善に時間を費やす」という投資のリターンが得られるというイメージです。

■スポンサードリンク

もちろん、上司には1時間で終わったことにします(^_^;)
又は最初に依頼された時点で、時間を確保します。
「いつまでにやればいいか?」というデッドラインを必ず確認していました。
例えば、明日の17:00までにやればいい仕事も、実際は今日終わる仕事もあるわけです。
その場合は、改善やスキルアップをしつつ、期限までの16:00くらいに(デッドライン前に)提出していました。
上司を欺く?
「上司(会社)を欺くのか?」と思われるかもしれませんが、改善した成果は、勤め先に還元されるので問題ないと考えていました。
こなせる仕事量は増えていきますし、仕事のスピードや精度も上がっていきます。
何よりも試行錯誤した結果、自分がスキルや考え方を身につければ、転職しても独立しても使うことができます。
時間外にやればいい?
「仕事の改善なんて時間外にやればいい」という意見もあるかもしれません。
もちろん、時間外にやることもありました。特に転職したての頃は多かったです。
ただ、仕事をしながら改善していくのが一番成果が出るし、モチベーションも保つことができる気がします。
仕事と改善を切り離すと、なんとなく気が進まなかったり、アイデアが出なかったりします。
また、時間外にやると思っていれば、自ずとスピードは落ちます。限られた時間内にで考え、実践するからこそ効果がでる気がするのです。
まとめ
仕事に対して100%満足できることはなく、日々改善の繰り返しだと考えています。
そのために時間が必要だったのです。
今は上司もいませんので、堂々と改善の時間を作っています(^^)
=========================
【編集後記】
昨日、仕事の後、ひさびさにTIスイムサロン船堀へ。
最近泳ぐときにあった違和感どおり、変な癖がついていました。
体を回転するときに首が微妙に動くのです。
こうやってときどき癖を指摘、修正してもらえるのは助かります。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』