・iPhone4Sで16GBを選んだ理由

先日買ったiPhone4S。
容量別に16GB、32GB、64GBの3タイプがありますが、私は16Gを選びました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】

・iPhone4Sで16GBを選んだ理由

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

16GBを選んだ理由は次の5つです。

1 iPhone4の使用状況

iPhone4は32GBを選びました。
使用状況は、この1年2ヶ月使って11GBほどです。
私の使い方では、16GBで十分だったということですね(^_^;)

2 写真、動画はMacへ

基本的に写真や動画はMacへ保存しています。
長時間の動画を撮ることはなく、容量はそれほど必要ないと感じたのです。
iPhoneに残しておくべき写真や動画は最低限にしています。


3 アプリは最小限

私の好みで、「必要なアプリのみ入れる」ようにしています。
無駄なアプリがあると、アップデート通知が頻繁になります。
ホーム画面にバッチ(未完了のものを表示)を表示させないようにしていますので、アップデート未完了の状態のままにしておきたくないのです。
そのため、使わなくなったアプリは定期的にチェックして削除しています。

容量の大きなアプリ(ゲーム等)も入れていません。
移動中はゲームをしないですし、iPadに入れることはあってもiPhoneに入れることはないです。


4 音楽は入れない

iPodを持ち歩いているので、iPhoneでは音楽を聴きません。
もしiPodの充電がきれたとき、代わりに使うために少し入れている程度です。
音楽の分の容量は必要なくなります。


5 来年買い替える

来年新機種が発売されたら、おそらく買い替えると思います。
残っている割賦料金を支払わなければいけないため、負担は軽くしておきたいのです。
仮に1年後に買い替えるとして、16GBだと23,040円、32GBだと28,800円、64GBだと33,600円の割賦料金が残ることになります。
4Sを使ってみて容量が足りなくなれば、増やします。

今の使用状況はこんな感じです。

「大は小を兼ねる」という考えもあるでしょうけどね(^_^;)

■スポンサードリンク

=========================
【編集後記】
クライアント先で社長の娘さんが産休から復帰されました。
無事男の子を出産され、昨日、はじめてお会いすることに。
「だっこしてみますか?」と、だっこをさせていただき感激です(^^)
甥っ子2人をだっこしているので意外と慣れています。
古くは小学校3年生のときにうまれた妹も面倒見てましたので。