・仕事全体のペース配分を考える

トライアスロンのトレーニングやレースでは、当然ペース配分を考えます。
飛ばしすぎると、後がもたないからです。
一瞬のスピードを追求するのではなく、全体のことを頭にいれておかなければいけません。

仕事でもこのことを気をつけています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】

・仕事全体のペース配分を考える

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フリーで仕事をしていると、仕事への取り組みにムラが出ることがあります。
例えば、火曜日に12時間仕事をしたために疲れて、翌日水曜日は、正味2時間くらいしか仕事をできないという状態です。(2時間というのはおおげさですが)

独立当初、早起きがまだ定着していないことによくありました。
「昨日、長時間仕事したって、今日がこんなんじゃ、ダメじゃん!」
と自分にツッコミをいれることも・・・・・・。

前回のトライアスロンでバイクを飛ばしすぎてランで脚が動かず、ボロボロだったように、仕事でボロボロの日、パフォーマンスを発揮できない日を作るべきではないと思っています。

全体のペース配分を考えると、毎日7時間くらいずつ、同じペースで仕事をした方が、体力的にも精神的にも楽です。
安定的なパフォーマンスを発揮できますし、急な案件にも対応できます。
上記の例だとトータル40時間、この例だとトータル35時間と5時間少なくなりますが、仕事の質はかえって上がります。同じ時間でこなせる量を増やす工夫をするからです。
もちろん、緊急時には、一時的に量を増やしています。あくまで一時的です。


■スポンサードリンク


平均的なペースといっても、こういう風にぱんぱんだと、時間的な余裕も精神的な余裕もなくなります。
こうならないように、いろいろと考え、実行しています。

=========================
【編集後記】

昨日、友人達と渋谷の「マメヒコ・パートⅢ」でランチ。
細部にわたるこだわりとおいしさが魅力です。
ランチスペースでロースカツ定食→カフェスペースで珈琲と網焼きトースト+特製バター+国産レモンのジャム+自家製小豆を。
食べ過ぎでしたが、この店に来たら、やはりトースト類は食べておきたかったのです(^_^;)カツサンドも絶品です。

■スポンサードリンク
カフェ マメヒコ パートⅢ/Cafe Mame-Hico part Ⅲ (渋谷/喫茶店)の店舗情報は食べログでチェック!口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。
■スポンサードリンク



■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』