・経理資料のアウトプット〜試算表を使わないアウトプット〜

今日は、来週講師を務める『経理アウトプット1級認定講座』 のリハーサルでした。
本番と同じ会場で、主催のアイシーエス通商様の皆様の他数名の方に立ち会っていただいています。
自分でのリハーサルは行っていましたが、通しで、かつ他の方の前でやるのは、はじめてです。

今回の講座は講師、コンテンツ作成、認定試験作成を担当させていただいております。
自社開催セミナーと異なり、情報共有や役割分担があり、また違った楽しさです。
楽しさだけではなく、プレッシャーの種類も異なります。

今日のリハーサルでは、貴重なご意見をいただき、それを元に微調整し、本番に挑みます。

経理資料のアウトプット

講座のテーマである経理資料のアウトプットについては、長年研究してきました。
通常、経理の資料というと、会計ソフトからプリントアウトした試算表というものを使います。

税理士事務所に勤務していたとき、この試算表には苦労していました。

どうやったら、わかりやすく説明できるか?
どうやったら、数字に興味を持っていただけるか?
と考えたあげく、私が出した結論は、

試算表を使わないこと

でした。

もちろん理想は、経営者の方が試算表を見て経営判断できることです。
しかし、決して試算表は見やすいものではありません。
会計ソフトと連動して、見やすい表を作るというソフトが売っているくらいです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


そこで、考えたのはExcelを使うことでした。
Excelなら、クライアントの細かいニーズにあった資料を作成することができます。

ただ、Excelで資料を作っても、時間がかかったり、ミスをしたりしては仕方がありません。
効率的かつ、ミスが起こりにくい方法を研究し、実践しつつ、今に至っています。

今では、クライアントに試算表を渡すことはほとんどありません。参考資料としてお渡しするくらいです。
必ず何かしらのオリジナルの資料を作っています。

ただ、「効率よく作っている」といっても、ボタン1つで、様々な資料が出力できるソフトよりは、やや手間がかかります。
そういったソフトを購入して、その手間を他に振り分けた方がいいという考えもあるでしょうし、通常の試算表で上手に説明する方法もあると思います。

講座では、試算表を使わないExcelによる効果的、かつ効率的なアウトプットについてお話しする予定です。
詳細・お申し込みはこちらです。申込は明日までとなっています。
→『経理アウトプット1級認定講座』

=============================

■スポンサードリンク
【編集後記】
セミナーの準備もあり、やや詰まったスケジューリングです。
火曜日から、スポーツ、読書、サッカー観戦(TV)がほとんどできておりません。
これら3つの時間は、本来いざというときのために使う時間なのですが、全部使ってしまうとは・・・・・・。

もう少し、この状態が続きますが、明日はテニススクールの日なので運動はできそうです(^_^)。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク