・グレーな経費は交際費に?

交際費の一部には税金がかかります。
(1人当たり5,000円以下の飲食など、税金の対象とならない交際費もあります。)

例えば、10,500円の交際費(税金の対象のもの)を支払った場合、原則として、約300円~400円の税金が発生します。

「経費は税金の対象にならないけど、交際費は税金の対象になる」

「じゃあ、グレーな経費は、交際費に入れて、税金を払っておけば、税務署は文句ないのではないか?」
という意見を聞くことがあります。

しかし、交際費は、あくまで事業に関係のあるものに限ります。

法律上は次のようになっています。

交際費等とは、交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為(第2号において「接待等」という。)のために支出するもの(次に掲げる費用のいずれかに該当するものを除く。)をいう。

交際費には、事業に関係のない、つまりプライベートの飲食や贈答品は含まれていません。

もし、前述の例がプライベートの飲食であれば、約300円~400円の税金を支払うどころではなく、もともとの10,500円が却下されるのです。

通常、10,500円が却下されると、3,000円から4,000円の税金+罰金を支払うことになります。
最悪の場合、この10,500円が給料とみなされる可能性もあり、消費税を支払う法人の場合、消費税の金額も増えますし、給料だと源泉所得税についての罰金もとられます。

却下される金額が大きくなればなるほどリスクは増えていきます。
こうなると、グレーな経費で限りなくクロに近いものは 最初から経費に入れない方がいいということになります。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


ただし、グレーといっても、解釈によっては事業に関係のある経費(シロ)となるケースもありますし、クロとなるケースもありますので、その都度、判断していかなければいけません。

==================================

■スポンサードリンク
【編集後記】
先日、モレスキンを買ってみました。
赤のプレーンです。

IT機器大好きっ子ですが、あえてアナログも取り入れてみようと思ったからです。
結構、使っていて、アイデアだし、今後のプランニングに使っています。

ペンも欲しくなってきました

10/6(火)「東京税理士会 税理士事務所IT化コンテスト」に出場します。閲覧はどなたでも可能です。(投票は東京税理士会会員及びその職員)

10/21(木)『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』出版記念パーティー

10/23(土)法人税申告書作成の基礎を4時間でマスターするセミナー(残席2名)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###