・デジタルとアナログを融合したセミナーのスライド作りーEvernote、MemonadeHD、iMindmap、Keynoteー

86

セミナーのスライド(資料)を作る際には、次のような手順で作っています。
デジタルとアナログのいいとこどりをしています。
IMG 0100

1 ネタ収集

セミナーを企画し、告知を開始すると、そのセミナーに関するアンテナが立ちます。
普段の仕事や生活の中で、ネタが思い浮かぶのです。
そのネタを忘れないように必ずメモしています。
メモはiPhoneアプリのFasteverを使っています。

スクリーンショット 2011 11 25 7 52 10

IMG 1358

 

このアプリに入力すれば、PCのEvernoteと同期します。

ここにネタをひたすら貯めていくのです。
スクリーンショット 2011 11 25 7 54 00

 

 

2 ネタの整理

1で集めたネタを整理します。
最近は、マインドマップソフトiMindmap 5を使っています。
Ver.5になってから使い勝手がかなり向上しました。

スクリーンショット 2011 11 25 7 56 04

 

3 シナリオ作り

整理した後、セミナーのシナリオを作ります。

プレゼンテーションソフトでシナリオを作る前に、おおまかなシナリオを手書きで書くものです。
以前は、Excelで枠だけ作ったものをプリントアウトしたり、ポストイットを使っていたりしました。
Excelの枠のプリントアウトだと並べ替えができず、ポストイットだと広い場所が必要なのが難点でした。

iPadが出て以来、「iPadでシナリオを作れないか」といろんなアプリを探していたのですが、なかなかいいものがありません。
neu.Notesというアプリで理想に近いことはできていましたが、シナリオの並べ替えができないのが難点でした。

そんなとき見つけたのがMemonadeHDというアプリ。
理想通りのアプリでした(^^)

スクリーンショット 2011 11 25 7 58 44

手書き感覚で図や文字を書き入れます。
最新のバージョンアップにより書き味もさらによくなりました。
落書きのようですが、自分が分かればいいので(^_^;)
IMG 0102

 

書いたスライドを一覧することができます。
セミナーの流れを一覧で確認するのです。
IMG 0100

 

そして重要なのがここ。
スライドを並べ替えることができます!
ここ最近のセミナーはずっと愛用しています。
IMG 0101

 

「まあ、こんな使い方は普通しないだろうし、制作者の方も想定外かも」と思っていたら、開発者の方(青木さん @shamrock1976a)から、なんとTwitterでコメントをいただきました。

おととい、私がこういったツイートをしたら、
スクリーンショット 2011 11 25 8 03 39
このような返信が!
やっぱりシナリオ作りに使ってらっしゃるそうです。
スクリーンショット 2011 11 25 8 02 35

この場を借りて要望を言えば、複数のスライドを一括して並べ替えができたり、スライドのコピーができるとうれしいです(^_^;)

 追記:開発者の青木さんから連絡いただき、両方とも次期バージョンアップで対応予定だそうです。

ありがたいです!

 

4 スライド作り

ここまでできてから、MacのKeynoteというソフトでスライドを作っていきます。
ここからは速いです。
スクリーンショット 2011 11 25 7 43 07

セミナー中にワークを行うことがほとんどですので、ワークシートも並行して作ります。

新作のセミナーをやると大変ですが、だいたい毎月新作です(^_^;)
その過程を楽しんでやっています。

 

 





【編集後記】
昨日、締切の仕事が2件ありましたが無事完了。
ちょっと疲れもあったので、18時に寝ました。
今日は2時起きです(^_^;)

 

Spread the love