ブログを書くと、売上が減ることもある

0
38

ブログを書くと、売上が増えることもあれば減ることもあります。


※リビングにて by Leica M10

 

ブログで売上を増やすことばかり考えていた頃

ブログを始めたきっかけは、売上のためです。
「売上のためだけ」という表現が正しいでしょう。
今ブログを書いているのは、それだけではないということです。

独立前からなんとなく研究していたブログ。
独立が決まった日の夜に、えいやっと始めました。

興味を持ったきっかけは、ブログを通じて仕事が増えるつまり売上が増えるという雑誌記事を見かけたからです。

ネットで知っていただいて、そこから仕事の依頼をいただけるようになれば……と思っていました。

独立して営業するといっても何をすればいいかわかりません。
独立するまでは1円たりとも売ったことがありませんでしたので。
ゲームや本を売ったことはありましたが、こちらで値段を決めて決めるものではありません。
独立後は自分で値段を決めて決めるところから営業です。

そんなきっかけで始めたブログなので、最初は仕事=売上を増やすことばかり考えていました。
その割には今考えると的外れで自分の日記ばかり書いていましたが。

そして、ブログを書いていると売上が減るということもわかってきたのです。

ブログを書いて売上が減ることもある

ブログを書いて売上が減るなら、やらないほうがいいんじゃないかと思われるかもしれません。

実際、売上が減るということはあります。

たとえばブログ記事を読んでいただき、それで解決すれば、その後に仕事の依頼はいただけないでしょう。
お金を払う必要はありません。

かといってブログ記事を読んだだけでは解決しないような浅いことばかり書いていては、売上にはつながりません。

「続きは有料で頼んでくださいな」というスタンスも避けたいものです。

先日も、仕事の依頼の打診をいただきましたが、この内容だったらご依頼いただかなくとも、ブログ記事を書けば解決するかなと思ったので、記事を書いてそれをお伝えしました。
解決したとのことでよかったです。

ただ、売上は消えました。

そのときは、記事を書いたわけですが、過去の記事のリンクをお伝えすることもあります。
自分のブログを紹介したり、ブログに書くということで、値付けはしていません。

その代わりブログに書くかどうかは、気まぐれだったりしますけど。

ブログの利益も引き算で考える

ブログで書くことによって売上が減るとしても、それはそれでいいと思っています。
かっこつけで言うわけではなく、そうしないとダメと考えているのです。

むしろ売上がまったく減らないようにブログを書くことのほうが難しいですし、日々書いていて日々納得いかなければ続けることなどできません。
(世の中にはブログを毎日書かなくても成果を出す方法もあるようですが、私は知りませんので)

ブログつまり文章で伝わることであればそれでよく、学ぶ側としては読んでわかることであればそれでいいかなと思っています。
そう割り切ってからのほうが、ブログでの売上は増えてきました。

売上は引き算で考えるものです。
ブログで増える売上から、ブログで減る売上を引いて、プラスになればいいわけです。

たとえばブログを書くことによって10万円失ったとしても、ブログを書くことによる売上が30万円あればそれで問題ありません。
売上を減らさないようにブログを書いて、20万円の売上をつくろうとするとなかなか大変なものです。

ましてやブログを書かずに20万円の売上を増やす方法は、私には到底想像がつきません。

「ブログを書く」こと自体が、何からの売上を減らすものです。

「この記事を読んだら自分の売上が減る」とイメージして、書いてみるといいかもしれません。

自分が出し惜しみしても、その内容を他の方が書き、結果として自分の売上が減るかもしれないのです。
「ちょ、ちょっとまって、それ、うちでは有料で売ってるものなんだけど……」というのは通用しません。
出すだけで売上が減るようなものは、率先して出していきたいものです。
誰かが書くことで自分の売上が減るよりも、自分で減らしたほうが納得できるでしょうし、読めばわかるものを出し続けていく中で、何を有料で提供するか・提供できるかを考えていきましょう。



■編集後記

昨日は、とあるプロジェクトを。
なんとか一段落つきました。
あとはうまくいくかどうか。

「1日1新」

フルーツ豆乳
ドスパラサイト
娘と新しい散歩場

■娘(3歳3ヶ月)日記
昨日は、雨の中散歩へ。
長靴はいてピチャピチャ楽しんでました。
100均でシールや絵本も仕入。