世の中、ただ(無料)で聞けるほうが普通。「ただ」は必要。

130

ひとりで仕事をしていくにあたって、なにかしら「ただ」は必要です。
世の中、ただのほうが普通ですので。

IMG_6884

※大手町付近にて iPhone X

独立後は、ただで聞かれたくない

独立後の悩みの1つは、「ただ」(無料)。

・ただで聞かれる、質問される

・ただで相談を受け、その後の申し込みがない

・ただでセミナーをやっても、次につながらない

と、いったものです。

独立後は、定期的な給料がなくなります。
自分で会社を持っていても、その給料を出せる稼働は自分次第です。

なにもしなくても給料が入ってくることはなく、その一方で、なにかをしても給料が入ってくることはありません。

長時間働いたとしても、調べるのに時間がかかったとしても、誠心誠意やったとしても、「ただ」の場合もあるのです。

・ただで聞かれなくない

・ただで聞くなんて信じられない

・ただ働きさせられた…‥

と思い悩むかもしれません。

しかし、ある意味これはしかたがありません。

世の中、ただで聞けるほうが普通だからです。

会社内は、ただで聞ける

私も独立当初、不思議に思い、悩んでいたことがあります。

あれ、これ、ただなんだろうなぁ…‥時間も結構かかっているし、何度も答えてるんだけど……。
こっちは会社員のときと違って、給料もらってるわけじゃないから困るなぁ……

ただで質問に答えて、答えても仕事につながるわけでもなく、それどころか返事もなかったなぁ…‥。
と。

しかしながら、よくよく考えると、ただで聞けるサービスのほうが世の中多いのです。

会社内で、上司や同僚、部下に聞くのにお金はかかりません。
(ガンガン聞かれると仕事になりませんが)
世の中、問い合わせすれば答えてくれるサービスは山ほどありますし、掲示板で質問を長ければ、それなりの回答は返ってきます。
中には、プロ、専門家が答えてくれることも。

経営者として人を雇えば、雇った人に聞くのはただです。

「ただで聞くなんて信じられない」
というよりも、
「ただで聞くほうが普通」
ではないでしょうか。

そもそも、独立している人のほうが少ないわけです。
少数派は、メリットもありますが、こういったデメリットもあります。

少数派である以上、なにかしら工夫をしなければいけません。
なにかしらの「ただ」はどうしても必要なのです。

そういう私も、独立前は「ただ」しか利用していませんでした。
セミナーも行ったことがないし(独立前に一度だけ)、本も自腹で買うことはほとんどなく。
自分がなってみないと、わからないものでした。
今はその反省を踏まえて、押し売りならぬ押し買いもしています。
ただで聞くのは申し訳ないので、メニューをつくって!と頼んで、そこから申し込むというものです。
(その一方で、ただで聞きあえる仲間ができるのも面白いものです。ご飯食べに行ったり飲みに行ったりスポーツしたりしているときに聞かれるのは楽しみでもあります)

 

 

なにかしらの「ただ」は必要

ひとりで提供する「ただ」には次のようなものがあります。

問い合わせ

これは、世の中に多くあるように、問い合わせを受けてそれに、ただで答えるというものです。
もちろん、その先の受注を見込んでということもあるのでしょうが、物量的に精神的にこなせない場合もあります。
電話での問い合わせ、メールでの問い合わせ、問い合わせフォームでの問い合わせなど、使うものによってその負荷もかわってくるものです。
自分が、やってもいい、無理のないものは提供しておきましょう。

最初のうちは、間口を広めにし、徐々に狭めていく方法もあります。

注意すべきなのは、ただの営業。
「ただ」の意味が変わりますが、こちらは時間とストレスというダメージがあるわけです。
元から断つようにしましょう。
一切不要と毅然として断る、問い合わせの電話番号やフォームのそばに注意書きを入れるといった方法があります。

無料メディア

ただで「書く」というものです。
ブログ、メルマガ、SNS、冊子、コラムなど、いろんな形があります。
無料で書き続けるなんて……と思われるかもしれませんが、なにかしら「ただ」を選ばなければいけない以上、私はこれを選んでいるだけです。
こちらから発信するならいいのですが、聞かれると困るという不思議な心情の影響もあります。

また、問い合わせや面談で、1人1人こなすことと比べると、1対多の形をとれる無料媒体は、ひとりの強い味方といえるものです。

面談

あって話す面談。
商談ともいえるものであり、仕事につながる可能性もありますが、そうではない場合もあります。

これをどこまで入れるかはそれぞれ次第です。
「会ってこそ」という要素もありますので。

ただで聞かれるのは普通と考え、何かしらただのものを提供していきましょう。
「ただで聞くなんて信じらない」と落ち込んでいた昔の自分に言ってやりたいくらいです。

問い合わせ、無料媒体、面談のいずれかの「ただ」をとことんやっていき、そのうえで、自分の有料のメニューと「ただ」との違いを出していきましょう。

メディアがなくても、問い合わせや面談を受ける方法はありますし、紹介があれば、いずれもやらずにすみます。
団体、会合で活動するという「ただ」もあるでしょう。

 

「ただで聞かれて困る」という方は、有料メニューがない(=ただで聞かれやすい)か、「ただ」の質・量が足りないからかもしれません。


【編集後記】
昨日は、ホテルで目覚め、12時にチェックアウト。
銀座に寄ってから帰りました。
ソニービル→ソニーパークと行く予定でしたが、スタンプラリーが、ソニーパーク→ソニービルの順(抽選会場がソニービル)。
やむを得ず、ソニービル→ソニーパーク→ソニービルとうろうろ。
その甲斐もなく、狙っていた沖縄旅行(A賞)には届かずでした。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

アマン東京の朝食
ソニーパークのTORAYAcafeかき氷
ソニーアクアリウム

【昨日の娘日記】

午前中、ホテルで遊び、銀座でもはしゃぎ、さすがに眠くなったようでした。
ソニービルのアクアリウムも楽しめたようで。

Spread the love