背景をぼかせる!iPhone 7 Plusデュアルカメラのポートレートモード(被写界深度エフェクト)

iPhone 7 Plusのカメラなら、デジカメのように背景をぼかした写真を撮ることができます。

※有明スポーツセンターにて iPhone 7 Plus

背景がぼける写真。「被写界深度」とは

こういった背景がぼける写真は、「被写界深度が浅い」といいます。

手前のクマにピントがあっており、奥の熊にはピントが合ってません。

通常の写真は、両方にピントが合っています。

「被写界深度が深い」写真です。

ウィキペディアによると、


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

被写界深度(ひしゃかいしんど)とは、写真の焦点が合っているように見える被写体側の距離の範囲のこと。

ということで、ようは、被写界深度を変更できると背景をぼかした写真が撮れるということです。

背景をぼかした写真は、通常、デジタル一眼レフカメラを使うか、iPhoneで撮った写真を加工するかしかありませんでした。

iPhone 7 Plusは、レンズが2つあり、その2つのレンズを利用して、被写界深度が浅い、つまり、背景をぼかした写真を撮れます。

上記の写真も、iPhone 7 Plusで撮ったものです。

iPhone 7 Plusのポートレート

被写界深度エフェクトが使えるようになると、カメラに[ポートレート]というメニューが表示されます。

その[ポートレート]を選んだ後、被写界深度エフェクトを使えるように調整が必要です。

画面に「被写体を240㎝以内に配置してください。」とあるように、適切な位置に被写体があるようにしなければいけません。遠くても高くても不可です。

ピントが合うと、「被写界深度エフェクト」と表示され、この状態で撮れば、被写界深度の効果がある写真、つまり背景がぼけた写真が撮れます。

撮ったのは、こんな写真です。

img_8499

こんな写真もすべてiPhone 7 Plusで撮りました。

IMG 8469

IMG 8467

IMG 8596

IMG 8600
iPhone 7 Plusの標準設定だと、通常の写真と、被写界深度エフェクトのある写真の2枚を保存できます。

[設定]→[写真]→[ポートレートモード]の[通常の写真を残す]をオフにすれば、通常の写真は残りません。
IMG 8500

iPhoneの[写真]アプリのアルバムでは、[奥行き効果]に分類されます。img_8557

デジタル一眼レフカメラとiPhone 7 Plusの比較

デジタル一眼レフカメラと比べてみました。

ソニーのα7+単焦点レンズです。

※iPhone 7 Plus
IMG 8517

※iPhone 7 Plus
IMG 8503

※α7
DSC06117

こういった写真だと、ほぼ互角でした。
※iPhone 7 Plus
IMG 8549

デジタル一眼レフカメラは、ぼけ具合を調整(F値・しぼり)できます。
(この写真はもうちょっと調整が必要ですが)
※α7
DSC06142

デジカメと比べると、iPhone 7 Plusは、撮れる範囲が狭く(画角が小さく)なり、
このくらい近づかないと背景ぼけの写真が撮れません。
※iPhone 7 Plus
IMG 8545

デジカメだとこのくらいの距離でも、背景をぼかした写真を撮れます。
※α7
DSC06141

通常モードのiPhone 7 Plusだとこのくらいの距離で撮れますが、
IMG 8533

ポートレートモードだと、このくらいの範囲です。
IMG 8532

デジタル一眼レフカメラではない、コンパクトデジカメSonyのRX100M3でも
※iPhone 7 Plus
IMG 8555

こういった写真は撮れます。
※DSC-RX100M3
DSC05956

※iPhone 7 Plus
IMG 8554

※α7
DSC06143

ただ、iPhone 7 Plusでは、前景、つまり前にあるものをぼかして撮ることはできません。

※α7
DSC06132
※α7
DSC06136
※α7
DSC06124

iPhone 7 Plusは、2枚のレンズで擬似的に処理しているからです。

iPhone 7 Plusのカメラは、
・一定以上の明るさが必要
・240cm以内に被写体を入れる必要。近すぎてもダメ
・被写界深度の調整(F値)ができない
・写真の範囲が小さい
・前ぼけの写真が撮れない
といった特徴があります。

ただ、これまでにない写真が撮れ、楽しめるので十分です。
この被写界深度エフェクト目当てで、iPhone 7 Plusにする価値はあります。
(私もそうです)
※iPhone 7には、カメラのレンズが1つしかなく、被写界深度エフェクトは使えません。





【編集後記】

近所のプールへ、はじめて行ってみました。

400円で2時間。思ったより空いていて、しっかり泳げます。

子供用のプールも充実していて、スライダーもありました。

ジャグジーもあるのがうれしいです。

【昨日の1日1新】

※詳細は→「1日1新」

iOS10 パブリックベータ

有明スポーツセンター プール

■スポンサードリンク

アクアシティ 仙台牛たん 伊助

■スポンサードリンク



■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』