ネタの壁の壊し方 | ネタに困らないために壁を壊す

ネタには壁があります。
自分が作っている壁です。
この壁を壊すと、ネタに困らなくなります。
DSC05881
※自宅近くにて DSC-RX100M3

ブログネタ、雑談、仕事ネタ

ブログを書いている人なら、ネタに困ったこと、ネタが尽きたと感じることも多いでしょう。
以前は、私も困っていました。

ブログに限らず、雑談や、仕事でも、ネタは大事です。
誰でもネタは持っているのですが、そのネタを出し切っていないことがほとんどではないでしょうか。

「このネタは出せない」
「こんなネタはおもしろくない」
「このネタを自分が出すなんて・・」
と自分で壁を作ってしまいます。

人が聞くと、「そんなおもしろいこと、なんで出さないの」というネタも、壁を作っているものです。

壁を作ると、その壁のこちら側でしか考えることができず、ネタに困ってしまいます。

自分で作った壁を自分で壊していきましょう。
1つ壊すと楽になります。

私が壊してきたネタの壁

私も自分で作ってきた壁を、自分で壊してきました。

Excelという壁

Excelは、はじめて勤めた職場から使っており、自分なりに工夫してきました。
ただ、「自分がExcelについて語るなんてとんでもない、もっとすごい人はたくさんいる」と思っていたのです。

2007年にはじめたブログでも、Excelにふれることはほとんどありませんでした。
怖かったのです。

それでも、その壁をちょっとずつ壊し、ブログに書いていると、本の話が来ました。
その結果、「やっぱりニーズがあるのかな」と、ブログに書き、セミナーをやるようになったのです。

税理士という壁

税理士という仕事をしていて、「税理士だからこれはネタにしちゃいけない」と考えることもありました。

税理士だから、社長がお客様
税理士だから、いいオフィスをかまえる
税理士だから、人を雇って大きくする
といった壁から、思考がせばまっていたのです。

その壁をちょっとずつ壊していくと、ネタが広がりました。
税金の制度を、教科書のように解説してもおもしろくありません。

得すること、おもしろい話ならネタになります。

仕事術という壁

仕事について、ひたすら工夫し、効率化してきました。
ただ、以前はそれを当たり前、自分のためのものと考えていたのです。

そのため、効率化のネタにも壁を作っていました。

その壁をちょっとずつ壊していくと、喜んでもらえる、役に立てると感じ、今では普通にネタにしています。

その他、
・Excelマクロ
・WordPress
・セミナー主催
・個別コンサルティング
・メールコンサルティング
・写真
・Mac
・税理士でMac
なども壊してきた壁です。

今だって多少は壁があり、少しずつ壊しています。

ネタの壁の壊し方

ネタの壁は必ずあるはずです。
次のように考えて、壊していきましょう。

1 過去を掘り起こしてみる

自分の過去に、ネタは埋もれています。
今しか見ていないと、ネタは尽きてしまうものです。
過去を見て、
・自分が何をやってきたか
・何に気をつけてきたか
・何に困っていたか
を掘り起こしましょう。

過去に困っていて今は普通にやっていることは、気をつけなければいけません。
もうできたことだからといって、壁をつくってしまうからです。

過去を振り返るために、自分史も作ってみましょう。
【関連記事】自己分析にExcel自分史を作るススメ。
リンク

2 すごい人対策

「自分よりすごい人がいる」
「すごい人がネタにしているから自分はネタにできない」
「あの人がいるから、自分はネタにしちゃいけない」

と、すごい人を気にしすぎると、ネタの壁を作りがちです。

すごい人とは戦わないようにしましょう。
知っていることだけをネタにすると、すごい人と戦うことになりますが、やったこと、実践したことをネタにすると、自分なりのネタにできます。

ネタを組み合わせることも、戦いを避ける秘訣です。

私より
・Excelに詳しい人
・時間の使い方がうまい人
・売上が多い人
・税金に詳しい人
・ブログに詳しい人
・トライアスロンで速い人
なんてやまほどいます。

ただ、それらを組み合わせて実践している人はいませんし、私のような人生を歩んだ人はいません。
人はそれぞれの人生があり、顔があり、性格がありますので、違いは必ず出せます。

すごい人と戦わないようにネタの壁を壊していくことは十分できるのです。

3 「入門」「初心者のための」

ネタの壁を壊すのが怖ければ、「入門」や「初心者のための」をつけてみましょう。
そうすれば、すごい人とも戦わずに済みますし、自分が語れる範囲も広がります。

「入門」や「初心者のための」は難易度が高いものです。

・あんな簡単なことを書いて・・
・当たり前のことを言って・・
・誰でも知っているよ・・
と思われるのを怖がってはいけません。

確かにそう思う人もいますが、一方で、必ず困っている人はいるものです。
私自身、自分が知らない分野、苦手な分野こそ「入門」に助けられています。
片付け入門、ダイエット入門、ストレッチ入門など、どれだけお世話になっていることか・・・。

人は、あらゆるものを知っていてやっているわけではありませんし、全知全能の神ではありません。
自分のネタが誰の役にもたたないということはないはずです。

100人が知っていても、1人でも役に立つのなら、自分のネタを出す価値はあります。

壁を1つ壊せば、その先にネタはやまほどあるはずです。

余談:
壁を壊すといえば、レッキングクルー。
ひさびさにやってみたくなりました。





【編集後記】

減量にむけて、ひとまず間食をやめてみようかと。
昨日は、ランチ後、夜まで間食なしでしたが、ちょっとつらかったです。。。
やっぱり間食多めだと言うことでしょう。

9kg減、70kgを目指します。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

Open Live Writer


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』