「違い」は、「同じ」の研究から生まれる

「違い」を作るためには、「同じ」を見る、研究することが欠かせません。
「同じ」とは、同じ仕事、同じ職業、同じ属性の人です。
EX IT
※Keynoteで作成

「違い」を判断するのは難しい

他と違いがなければ、安いほうがいいに決まっています。
違いを作れず、他の誰かに頼んでも同じなら、価格競争に参戦しなければいけません。

ただ、「違い」を作るといっても、その判断は難しいものです。
自分では「違い」を作っているつもりでも、いつのまにか、同じような道に進んでしまいます。

このように、その他大勢に巻き込まれてしまうのです。
EX IT 1

私もそうでした。

同じような道に巻き込まれた理由は、「同じ」を見ていなったことです。

・同業なんて!
・自分の道を行くのだから同業は研究しなくていい
・お客様だけを向いていればいい

と、「同じ」職業の人を見ていませんでした。

「同じ」を徹底して研究する

「同じ」を見てこそ、違いを意識して作れるものです。

その「同じ」は時代によっても変わります。
「同じ」がたくさんいるところではなく、「同じ」が少ないところにいけば、違いが作れるのです。
(もちろん、その方向性が自分の望む道であることが前提となります)
EX IT


■スポンサードリンク


「同じ」を常に徹底して研究しておく必要があります。

私がやっているのは、
・ブログを徹底して見る
・本を徹底して読む
・サイトを徹底して研究する
などです。

研究することで、自分のポジションを常に確認しています。
過度に意識し、敵対することはありません。
違うところにいけばいいので、別に戦わなくてもいいわけです。

もし、自分が目指したいポジションに、強力な誰かがいれば、その人とは違う軸で勝負しましょう。

「同じ」を3分野つくる

その「同じ」は3分野以上作ることをおすすめします。
3分野を研究するわけです。
私だと、税理士、ブログ、Excel、IT、セミナー講師、出版、仕事術などといった分野を研究しています。

複数の「同じ」を作り、複数の「違い」を作っておけば、それらを組み合わせることもできるからです。

それぞれの分野でトップを目指す、1つの分野でトップを目指すことができればいいのですが、現実的には簡単なことではありません。

どの分野にいっても、ちょっとだけ「違い」を作ることを意識しましょう。
「同じ」を求められがちな世の中ですが、「ひとりしごと」をやる上では、実は「違い」が大事なのです。

【関連記事】軸作りのために、「自分の仕事」をAmazonで検索して根こそぎ読んでみよう
リンク

【関連記事】ブログを読むならfeedlyを使わないと損!設定から使い方まで解説
リンク





【編集後記】

昨日は夕方にブログコンサルティング、夜にブログ道場を開催。
ブログづくしの日でした。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

コワーキングスペースでプリンター設定→プリント
目黒 こめの華

■スポンサードリンク

■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』