327回のセミナー開催で一度もやっていないこと

これまで行った327回のセミナーで1度もやっていないことがあります。

IMG_20190526_141025

※沖縄・宜野湾市のセミナー会場より

セミナー参加というインプット

セミナーを開催するときには、セミナー参加のときに得たことを参考にしています。
セミナーに参加するのは、もちろん何か得たいものがあるからなのですが、セミナー開催ノウハウを学ぶためでもあり、そう考えると2倍お得です。

自分が参加したセミナーでいいと思ったことを取り入れ、そう思わなかったことはやらない、やめるようにしています。
ただ、大事なのは、セミナー参加の数とセミナー開催の数。
セミナー開催の数がセミナー参加の数より多くように心がけており、そうなっています。
(セミナー開催による収入>セミナー参加による支出も考えています)

327回のセミナー開催で1度もやっていないこと

先日、沖縄・宜野湾市での税理士のためのExcel入門セミナーで327回目のセミナー開催でした。
そのセミナー開催で、以前やっていたことで今やらなくなったことは、
・現金での参加費受取
・紙でのアンケートのお願い
・ポータルサイトに載せない
といったものです。
(いずれも当初ちょっとだけやっていた時期があります)
そして、この327回で、一度もやったことがないことがあります。
今後もやらないでしょう。

アイスブレイク

アイスブレイクとは、セミナーの冒頭に、ちょっとしたゲームやワークをやり場を和ませるものです。
セミナーに参加するとき、実はこれが苦手で、なごんでるようななごんでいないようなという微妙な雰囲気が好きではありません。
もちろん秀逸なアイスブレイクもあるのでしょうし、必要との考えもあるのでしょうが、私はやらないようにしています。
(アイクブレイクをやる方を否定するわけではありません)

セミナーの告知は、ブログとメルマガのみです。
そのため、ブログかメルマガを読んでいただいている方に参加していただいています。
ある程度の共通認識やフィルタリングがあるので無理にアイスブレイクしなくてもいいのかなとも考えているのです。
以前、共同でセミナーをやったときに、「アイスブレイクでいつも何やってますか?」と聞かれて、「いや全然やってないんです」と答えたこともありました。

グループワーク

参加者でグループになってワークをするというグループワーク。
これもセミナーに参加したときは苦手です。
正直どんな人がグループにいるかによるわけです。
もちろん多様性というのは大事ではあるのでしょうが。

自分のセミナーでグループワークというのはしたことがありません。
グループをつくるほど大人数でやらないということもありますが。
これもグループワークをすること自体を否定するわけではありません。
ただ、「グループワークします」とあるセミナーやグループワークをやるとわかっているセミナーには参加しないことがほとんどです。
「気づきをシェア」も好きではありません。

名刺交換

「さぁ、隣の方とまずは名刺交換しましょう」「隣の人と自己紹介しあいましょう。せっかくですから」ということもやりません。
これも参加したときに苦手だからです。
つながる人とは自然とつながると思っていますので。

隣の人だけではなく自由に名刺交換する場だと、まず孤立します。

受講票

セミナー参加のため、受講票を送ってプリントアウトして持ってきてくださいというのもやったことはありません。
メールを見せてくださいというのもやりません。

それをしなければいけないほど大人数でやらないというのもありますが、15名から20名程度の場合もこちらでチェックリストをつくっておき、こちらで軽くチェックするだけにしています。
プリントアウトしていただくのは申し訳ないですしそれを事前に郵送するというのもお互い手間だからです。

記念撮影

参加者の方全員との記念撮影もやったことがありません。
こ、個別にはありますが。
これも参加したときには苦手だからです。
ポーズがあるとなおさら。

自主開催セミナーの自由度のよさ

私は、話す仕事で、自主開催セミナーをメインとして考えています。
自主開催セミナー327に対して、他社開催セミナーは46です。

お断りしてるわけではなく(たまにお断りしていますが)、そういった依頼はそれほどありません。

自主開催セミナーはやはり自由です。
参加者が少なくてもいいですし、おひとりの参加でやってもいいですし、利益が出てなくても開催してもいいですし、テーマも自由ですし、スライドも自由ですし、場所も自由です。
そしてやらないことも自由に決めることができます。

特にテーマを決められるというのは大事です。
何をしゃべるかというのも決められます。
私がやるセミナーは、他にもっていっても企画が通らないであろうものが多いです。
・そんなネタじゃ誰も集まらないよ
・そんな値段じゃ無理だよ
・もっと人数集めなきゃ
・資料はこうやったほうがいい
・ワークがあったほうが満足度が上がる
・ポータルサイトに載せなきゃ
とか言われるでしょう。

先日のセミナーだと、「沖縄?しかも那覇じゃないなんて絶対誰も来ないよ」と言われるでしょうね。

セミナー自主開催の自由度は、独立後の自由度の1つです。
独立後の今、頭の固い・めんどくさいバーチャル上司がいて、その上司がいかに却下するかを考えています。
「あーこれ絶対却下されるわ」というものこそ、喜んでいただけたり自分が楽しめたりするものです。
セミナーのテーマもそう考えています。

もちろん自由度の裏側には、それなりの苦行があるわけですが、乗り越える価値があるものです。
独立後の自由度を感じている方は、その自由度でセミナーをやってみましょう。
そうすればお客様だけをみてセミナーを企画し、開催できます。

やると決めること、やらないと決めること、両方自由です。


■編集後記

昨日は、セミナーに参加して、その後、お客様の会社にて、会長・社長へ決算のご報告と今後の打ち合わせに。
いったん帰宅し、アベンジャーズエンドゲームを観に品川へ。2回目も泣けました。
1回目のドルビーシネマ、2回目のIMAX。
ドルビーシネマは、やはり圧巻です。
自宅から遠い埼玉まで見に行く価値があるかなと。

■昨日の「1日1新」

アベンジャーズ エンドゲーム IMAX 3D
プレミアムシート
TFTビルでのセミナー受講

■昨日の娘日記
着替えているときやふろで、「はだかー」と喜びます。
パンツだけだと、「ズボンは?」とも。
パンツいっちょでは歩けません。