解決できる問題を解決するかどうかが自分軸

どんな仕事をするか、自分の軸を決める上で、その問題を解決するかということを考えています。
IMG 1280
※カフェにて iPhone X

仕事とは、問題を解決すること

仕事とは、お客様の何かしらの問題を解決することだと思っています。

・請け負って仕事をするもの・代行するもの
・わからない部分を教えるもの
そして、
何が問題か自体を伝えるもの
など、仕事にはさまざまなものがあるでしょう。

その中で、どんな仕事をするか。
ひとりしごとでは、その軸が大事です。

そうしないと、仕事に流され、自分がやりたいことがいつまでたってもできなくなります。
私も以前そう陥りました。

どんな問題を解決するかを決め、そして、解決できても解決しないという軸も必要です。

経理・確定申告という問題を解決するかどうか

私の場合でいえば、たとえば経理、確定申告。

この問題を解決するには、
・まるごと引き受けて代行する
・経理、確定申告の効率的なやり方を教える
といった2つのアプローチがあります。

私は後者のアプローチです。
もちろん、前者のまるごとも否定しません。
そういったニーズはありますし、それをまるごと振っていても、受けていても考え方次第です。

自分軸とは、別に他人を否定するものではなく、自分がこうするというものでしかありません。


■スポンサードリンク

確定申告をまるごと受ければ、
・レシートの入力がめんどくさい
・確定申告の手間がかかる
・時間をつくりたい
といった問題は解決するかもしれませんが、私が考える問題は別のものです。

「経理や税金がわかるようになる」というのが私が解決したい問題です。
もちろん、まるごと振っても経理や税金がわかるようになる道はあるでしょうが、自分でやってみてこそわかることも多いと考えています。
わかるようになったら、まるごと振るのもありでしょう。

規模が大きければ、経理担当者に任せる、経営に専念するという道もありますが、私がサポートしたいひとり(または小規模)であれば、十分自分でできます。

自分で経理をやれば、複雑な取引やメニューをやらないようになりますし、仕事のやり方もシンプルになるものです。

この考え方で、この本も書きました。
(ひとり社長向けです。)

解決すると決めたものをメニューにする

どんな問題を解決するか。
自分軸にそって決めたものをメニューにしましょう。

自分が解決できる問題は世の中にやまほどあるかもしれませんが、軸にそぐわないものまでやる必要はありません。
私が、経理を代行したら、それなりにお役に立てる自信はありますし、効率化のスキルも一応持っていますので高い利益率が見込めます。
それでも軸に合わないからやりませんし、値段をつけていません。

・軸に合わなくても、売上になるからやる

・軸に合わないなら、売上になってもやらない
は、大きな分岐点です。
独立当初にはその軸をすこしずらさなければいけない可能性もあるでしょう。
私も、代行をやっていたときもありますが、直にメニューから外しました。

今は、経理だけではなくすべてのおいて代行をやっていません。
やり方を教えるというのが私の軸です。
タスク管理も、ブログも、マクロ(プログラミング)もExcelも独立も。
ブログだったら代行してセットアップしてというやり方もあるでしょうし、独立なら仕事を紹介する・外注するという手もあるでしょう。
しかし、私が解決したい問題ではありません。

解決できる問題なのか、解決したい問題なのかを常に意識しておきましょう。
そして、それをメニューに反映すべきです。
(だからこそメニューをつくることをすすめていますし、ネット上のメニューを自分で編集できるスキルが必要です)

・・とかっこいいことを言っていても食べていけなければしかたありません。
財政状況をみて自分軸を決める必要もあるのが現実です。
だからこそ、経理は自分でやっておく必要があります。

私も娘の教育費が足りなくなったら、「レシートを送ってくれれば大丈夫です!」と代行メニューを増やすかもしれません(笑)


【編集後記】

今シーズンのトライアスロン、どこに申し込むか考え中です。
申し込んでも抽選や書類選考のところもあるので難しいところですが。。
毎年恒例のバラモンキング(長崎五島)は、申し込んでいません。

横浜は申し込み済(抽選)。
新島(先着)、南紀白浜(書類選考)が同日。
地元宮崎は申し込むとして、気になるのは、徳之島、皆生(書類選考)、山形、天草。

3月から娘が保育園なので、状況が読めずおとなしめにする予定です。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」
海外のエアビー予約 英語でやりとり

【昨日の娘日記】

昼頃、スタバで娘を受け取り、妻にはセールへ行ってもらいました。
が、機嫌が悪くだっこしないとダメで。。
再び仕事に戻ろうとすると、ギャン泣きでした。
うれしいのですが、し、仕事もあるので。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』