書籍、学校、講師は神様ではない。教わる:独学=2:8

試験にしろ、仕事(人生上)の勉強でも、「独学」は欠かせません。
書籍、教材、学校、講師に依存していては、学びの効果は薄くなります。
IMG 4098
※自宅にて。iPhone 6s

税理士試験は独学で合格できるか

『独学ではじめる税理士試験合格法バイブル』という本を読みました。

独学という切り口は、おもしろそうだなと思ったのがきっかけです。

税理士試験は、11科目中5科目の合格が必要で、通常最低でも2年、長いと10年かかります。

試験を受けるには、TAC、大原などといった受験専門校に通うのが大多数です。
私もTACに通っていました。
学校なしでは、合格できなかった、又は合格までもっと長い時間がかかったのは間違いありません。
独学では厳しいのでは・・・?と思いながら読みました。

読み進めてみると、やはり5科目中、会計科目といわれている簿記論・財務諸表論を独学でやるという趣旨で、タイトルもよくみると、「独学からはじめる」と書いてあります。
体験談も簿記論と財務諸表論は独学で、あとは、学校でというパターンでした。

学校に行くのに比べて、独学は、お金がかからないという大きなメリットがあります。

私が税理士受験にかけたお金はこんな感じです。

・6万円 1年目 3ヶ月の速修コースで国税徴収法
・53万円 2年目・3年目 2年コース(2年で5科目を狙うコース)で、簿記論・財務諸表論・消費税法。次の年に財務諸表論・法人税法
・6万円 3年目 9月からの基本コースで国税徴収法(2年コースの特典で最後の1科目は50%OFF)

受講料だけだと65万円。その他市販のテキスト(学校指定)も多少あります。
何よりも、この間、働かずに受験専念していたり、税理士事務所に安く勤めたりしていたので、その分の機会損失も含めると結構なお金がかかりました。
(当時、貯金でなんとか払えました)


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


独学だと、受講料の65万円がかなり安く済みますが、合格確率は下がるでしょう。
(当時からある産能大学の通信講座でTACの通信教材が4万円ちょっとで手に入りますが・・)

合格しないと、また1年勉強しなければいけないのが税理士試験の難しいところです。
1年のびると、またお金がかかりますし、転職先も限られます。
何よりも独立しないと道がないのが税理士ですので、試験に早期合格することは必須です。
お金を多少かけてでも合格確率は上げておくべきでしょう。

ただ、お金をかけて学校に行けばすむものではありません。

書籍、学校、講師は神様ではない

・学校にいけば受かる
・先生のいうことを聞いていれば受かる
というわけではなく、プラスアルファで自分なりの勉強をしなければ合格は難しいです。
才能やセンスがあれば別でしょうが、少なくとも私は学校以外の勉強が大事でした。

もちろん学校でいわれたことも100%やります。
そうでなければ、学校に行く意味がありません。
その上で自分の勉強をしていました。
この分はまさに「独学」です。

どんな学びにも、「独学」が必要なのではないでしょうか。
これは受験に限ることではなく、仕事上の勉強での同じです。

書籍、セミナーだけでは学びにならず、その書籍やセミナーをやっている人をこえることができません。
その上をいくには自分なりの「独学」が必要です。
依存していると、そこにお金を費やすばかりになってしまうでしょう。
(もちろん、教わったことをやった上での話です)

・人に会えと言われれば会う
・セミナーをやろうと言われてやる
・メルマガをやろうといわれてやる
・本を読もうといわれて読む
などをやり始めても、一過性に終わってしまうのは、その後の独学が足りないからではないでしょうか。
継続するには独学が欠かせません。

教わる:独学=2:8

教わることと独学の割合は、2:8くらいではないでしょうか。
2を教わって、あとの8は独学でやるイメージです。

書籍やセミナーを曲がりなりにも提供している側としてもそう思っています。
私が提供することは、きっかけに過ぎず、やはり独学は必要です。
ただ、提供する「2」があることで、独学の「8」の効果が高まり、スムーズにいきますので、その「2」を提供しています。
だからこそ、自分が学ぶときにも独学の「8」を欠かしません。
(これを肌身で感じるためにも、書く側・話す側に回ることを絶対的におすすめします)

独学が「10」でもうまくいきません。

世の中、一般的に独学するようなものは、教わることが少なく、教わるようなものは、独学が少ない傾向にあります。
たとえば、ランニング、走り方は、一般的に独学するものですが、教わった方が効率的です。
自己啓発セミナーは一般的に教わるものですが、独学が少なすぎるのではないでしょうか。

■税理士受験生の方へ
こう考えると、税理士試験も独学が少ない傾向にあります。
学校にだけ行っていても合格確率は低いでしょう。
その上をいかないと合格に近づきません。

学校に行く行かないはそれぞれの考え方・事情にもよりますが、教わる「2」は大事ですので、行った方が合格確率が上がるのは確かです。

『独学ではじめる税理士試験合格法バイブル』は、勉強方法についても書かれてるので、読んでみるのをオススメします。
「自分の将来をイメージしてみよう!税理士図鑑」というコーナーもおもしろいです。
税理士OB税理士、所長さん税理士、美人すぎる税理士など11のタイプがのっています。
ノマド税理士ってタイプものっていました。いるんですね笑





【編集後記】

昔みていたドラマ・映画『アンフェア』をネット動画で最近見ています。
そういえば、サントラや着信音を買うほど当時はハマっていました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

新プロジェクトがらみの申請

■スポンサードリンク

【1日1節】
時間術の本を1日1節書く。12月22日完了予定。
19/84

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』