スポーツをすると体力の衰えをより強く感じる。働き方の見直しのためにもスポーツを。

スポーツをしていると、体力が落ちていることをより実感できます。
「体力が落ちている」ことを仕事上も意識しなければいけません。
IMG 0793

年齢とともにスピード、回復力、タイムが落ちる

2010年にマラソンやトライアスロンをはじめて、今年で5年目。
当時37歳でしたが、今ではもう42歳です。

30代から40代という境目を超えたからか、体力の衰えを少しずつ感じます。
マラソンやトライアスロンで、スピードや回復力、そしてタイムが少しずつ落ちているのをより強く感じるようになりました。

もちろん、資質や努力不足の部分もあり、それを超えるトレーニングや改善をしていくつもりですが、この事実は認識しておいた方がいいと思うのです。

20代、30代となるにしたがって、食べる量も減り、疲れやすくなり、夜起きてられなくなりました。
それを補うためにもスポーツを始めたわけです。

より体力を意識することをやってみる

普段生活をしていると、デスクワークやちょっと歩くくらいで、スポーツはしません。
都心部では、電車、それ以外では車を使うので体を動かす機会はほとんどないのではないでしょうか。

スポーツをしないと、この体力の衰えを見過ごしてしまいます。
・自分の体の状態がどうなっているか
・20代のころよりも無理が利かなくなっている
といったことを把握するためにも、スポーツをして、体力を意識することがおすすめです。

なお、スポーツは、気分転換にもなりますし、時間管理スキルを磨くことにもなります。
スポーツの時間をとるために、仕事を圧縮しなければいけないからです。
(ただ、やりすぎには注意です)

体力を使う長時間労働を減らす

体力を意識するとなると、長時間労働を避けなければいけなくなります。
長く働けば働くほど、思考能力は低下し、質は落ちていくはずです。
集中力も、この体力に関係があるのではないかと思っています。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


ぼろぼろの状態、疲れた状態で、大事な仕事をすること、大事なお客様の前に顔を見せることは絶対にさけるべきです。
私も独立当初、「あれ?、疲れてますね」といわれることがありました。
そのころは、がんがん休みなく仕事をしていたからです。

ちょうどその頃、「あなたは徹夜明けの医者に手術をしてもらいたいですか?」という一文を見つけはっとし、働き方を変え、長時間労働をやめました。

長時間労働は体力を奪います。
強靱な体力の持ち主ならばそうではないのでしょうが、私は長続きしません。
「体力が落ちている」との実感をスポーツで得ているので、ちょっとした疲れや体力の低下に気づくのです。

その意味でもスポーツをおすすめします。
特に一人で仕事をするフリーランスやひとり社長にはすべからくおすすめです。
(くれぐれもやりすぎにはご注意を。。トライアスロンはともかく長時間のアイアンマンはやりすぎです。。)





■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日の夜、トライアスロンチームの新たな仲間3人と、ショップへ。
ヘルメット、バイクシューズ、バイクパンツ選びでした。
バイクも届いているようで、年内に納車の予定です。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」
渋谷ティップネス ペダリングレッスン
リリースボール
トライアスロンチーム「ポセイ丼」新チームメイトと食事
シャープ セラミックファンヒーター




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###