虎の威を借る「狐」ではなく、「虎」を目指す

世の中、すごい人は多いものです。
ついついその力を借りたくなりますが、ぐっと我慢しましょう。
IMG 9002
※お台場アクアシティにて iPhone 7 Plus

虎の威を借りると楽

虎の威を借る狐。
虎の権威を借りて、自分をよく見せようとすること。

確かに、虎の威を借りたほうが楽です。

・○○さんが言っている
・○○さんが書いていた
・○○さんがやっている

など、すごい○○さんの名前を出したほうが説得力があります。

確かに、過去の偉人、歴史上の人物、身近な人、先輩などから学ぶことは多いです。
ただ、その虎の威を借りすぎると、自分が成長しません。

目指すのは、狐か虎か

目指すべきなのは、虎の威を借る狐なのか、虎自身なのか。
お客様が望むのは、虎の威を借る狐なのか、虎自身なのか。

を考えると、やはり虎を目指すべきでしょう。
お金を払っていただくというのは、それくらいの覚悟があります。

自分なりの知識、スキル、行動があり、それを元に仕事をしたほうが、貢献できるはずです。
確かに、偉大な虎を伝えるという方法もありますが、私は、虎を目指すことを選んでいます。
(虎にはまだまだほど遠いのですが)

違いを作れるのは、その威を借りられる=真似されるくらいの虎のはずです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


このブログでも、
・引用
・外部へのリンク
などは極力我慢しています。

「こういう本を読んだ」「こういうセミナーに参加した」などを書くことも少ないです。
自分のコンテンツではないからです。

私自身、ブログセミナーでは、「セミナーに出たということだけを書かないようにしましょう」と言っています。
セミナーをやる側としては、「セミナーに出ました」と言っていただける、書いていただけることはうれしいのですが、情報は主体的に発信していただきたいと思っているからです。
(そういった記事の割合にもよりますが。Mさん、Hさんありがとうございます)

虎の威を借りずに済む工夫

虎の威を借りずに済むように、次のようなことを工夫しています。

・虎から徹底して学ぶ

虎から徹底して学ぶことは欠かせません。
書籍、セミナー、ブログ、実際に会うなど、徹底して学びます。
その威を安易に借りないだけです。

・自分で体験する、実践する

その学んだことをそのまま出したら、単なるぱくりになります。
体験し、実践して、自分なりの知識やスキルを組み合わせてから出しましょう。

もちろん、そこで引用やリンクすることもあるでしょうが、その割合は少なくすべきです。
あくまで引用ですので。

本の書評も書きやすいのですが、最近は封印しています。本を読んで感じて実践したことはネタになりますが、読んだ感想だけだと私にはうまく表現できないからです。

・虎とまともに戦わない

すごい虎とはまともに戦わないことも大事です。
軸をちょっとずらして、自分が優位に立つ場で戦えば、虎でいられる可能性も高まります。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日、新プロジェクトを開始。
期間は1ヶ月。
新しいスキルを身につけようかと。

■スポンサードリンク

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

TECH::CAMP説明会
Ruby
アメリカAmazon.comで注文




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###