普通のことを面白く書くか、面白いことを普通に書くか

「面白いことを書きたい」「面白いことを書かなきゃ」と思う方も多いでしょう。
私もそうです。
私の場合、面白く書こうとせずに、面白いことを普通に書くようにしています。
IMG 6261 1
※横浜リレーマラソンにて α7

普通のことを面白く書くのは難しい

普通のこと、普段の何気ないことを面白く書くのは、なかなか難しいものです。

文章の才能、文才が求められます。
「この人の文章にはかなわないなぁ」と思うことは多いです。
凹みますが、才能を伸ばそうとしても限界があるので、あきらめています。

それでも、「面白い」は必要です。
読んでいただくためには、面白いか役に立つことが欠かせません。

書く仕事をやる以上、「面白い」は、諦めるわけにはいかないのです。

面白いことを普通に書くならできる

「面白い」を実現するために、文才がなければどうすればいいか。
私が考えているのは、

面白いことを普通に書く

です。

普通のこと→面白く書く→面白い
ではなく、
面白いこと→普通に書く→面白い
を目指しています。

普通に書くことはなんとかできるならば、面白いは実現できるはずです。
冒頭の写真は、横浜でのリレーマラソンの写真。
リレーマラソンのことを面白く書くことは難しいかもしれませんが、仮装で走ったリレーマラソンのことを普通に書くことはできそうです。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


実際に以前書いた仮装マラソンの記事。
結構読まれています。

面白い記事を書きたいと思う方は、「面白いこと」を見つけ、それを普通に書くことを目指してみましょう。
多少なりとも面白い記事をかける確率は上がります。

「面白い」とは

では、「面白い」とはどういうものか。
次のようなことを考えています。

・他人と違う

他人とは違うことを書けば、面白いと思われる可能性は上がります。
同じようなことを書いても面白がられません。
同じようなことを面白く書くには、やはり文才が必要です。

他人よりも早い、他人よりも深いというのも違いになります。

・誰に「面白い」と思ってもらうか

すべての人に「面白い」と思ってもらうのは難しく、ある意味文才がいるでしょう。

「この人に面白いと思ってもらう」
「こういう人に面白いと思ってもらう」
と範囲を限定することが大事です。

専門的な知識は、同じような知識を持つ人には面白くないでしょうし、上級者は初心者向け記事を面白くは思わないでしょう。
誰に向けて書くかということは、誰に向けて書かないか、つまり読者対象から外すことでもあります。
そうしないと、誰からも面白いと思われない記事になってしまうものです。

・面白いと思うのは「自分」ではない

面白いと思うのは自分ではなく、読んでいただく方、読者です。
ただ、いくら面白がってもらえても、自分が全く面白くないものは読まれないでしょう。

「読者も自分も面白い」というのが理想です。
ただ、そのさじ加減は難しく、読者か自分が面白ければ書くくらいのほうがうまくいきます。

つまんなそうに書いている文章は、読んでいてやはり面白くないですからね。

まとめ

「面白いことを普通に書く」には、面白いことを知っていたり、体験したりしていなければいけません。
だからこそ、普段から面白いこと、つまり、人と違うことを、人よりも深く、人よりも早くやるようにしています。
それが、毎日新しいことをやる、1日1新でもあるわけです。


【編集後記】

台風の影響で天気が悪かったので、終日に自宅に。
予定していたマンツーマンレッスン(うけるほう)も延期になりました。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

ゴディバのアイス
RGユニコーンガンダム

【昨日の娘日記】

■スポンサードリンク

静かだなーと思ったら、置いてあった一眼レフカメラをさわっていました。
ほふく前進のスピードも上がってきているので、油断なりません。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』