月1万円の売上を得る方法。売上の柱別に実現可能性を考察。

独立後、売上の柱を増やすなら、月1万円の売上をまず目指したいところです。

※自宅の1万円 by Leica M10

月1万円の売上

月1万円という売上を立てるには、

・1万円×1
・5000円×2
・1000円×10
・100円×100
・1円×10000
と、値段×数で様々なパターンがあります。

売上の柱ごとに、どれが向いているかはあるものです。
そして、自分にとっても。
その向き不向きを見極めるがためにも、いろいろな売り方を試してみるのがおすすめです。

 

売上の柱別 月1万円の売上の可能性

私の売上の柱別に、月1万円の売上の可能性を考えてみました。

セミナー

1万円のセミナーを開催し、おひとり参加者がいれば、1万円の売上になります。
1000円なら10名、2000円なら5名です。
2000円×5名というのは、現実的ではないでしょうか。

セミナーが複数回になれば、その可能性も高まるものです。

Zoomを使ってオンラインでセミナーをやる方法もあります。
Zoomでオンラインセミナーをはじめてやる方向けの注意点

私がやっているセミナーはこういったものです。
セミナー情報 | EX-IT

こういったサイトを使う方法もあります。

ストアカ | 教えたいと学びたいをつなぐまなびのマーケット

動画音声販売

動画や音声を販売することもできます。
考え方はセミナーと同じです。

上記のセミナーを収録してもいいでしょうし(Zoomだとかんたんに収録できます)、別途撮ってもいいでしょう。

タイムコンサルティング オンラインショップ | 井ノ上陽一の動画・音声教材

相談を受ける

相談窓口をつくって、1万円という値付けをすれば、1万円の売上になります。
5000円を2つ、1000円を10個といった考えた方もありますが、他の売上の柱とのバランスを考えて、1対1で対応するものは、安くしないほうがいいでしょう。

出版(Kindle)

出版で書籍となると、実現までに敷居が高くなります。
Kindle出版なら、自分のタイミングで値付けも自由です。
ただ、月1万円までの道のりはそれなりに険しくなります。

1万円の本を出すわけにもいきませんので。
Kindleへの手数料が通常65%かかりますので、1000円の本を出しても売上は350円。
月1万円にするには、1ヶ月で35冊ほど売らなければいけません。

KindleUnlimitedの対象にすると、読まれたページでの売上があり、手数料は30%に下がります。
しかしながら、1万円というのはなかなかのハードルでしょう。

ただ、一度本を出せば、Amazonでずっと販売できますので、中長期的な売上は見込めます。

1日1新: 人生が変わる習慣

ブログ広告

ブログからの広告収入を得るには、Googleに申請を出し、承認してもらわなければいけません。

Googleアドセンス

それなりに記事を書く必要はあります。
そして、承認もらったとしても、月に1万円となると、ブログを読まれる数が3万ページビューほどないと厳しいかなという感じです。

月3万ページビューにいく割合となると、20%程度ではないかなと思っています。
この道もなかなか険しいでしょう。

ブログ アフィリエイト

ブログにリンクを貼り、そこから登録や購入してもらうと売上になるのがアフィリエイトです。
A8.netバリューコマース リンクシェアなどといったところに登録して、自分が紹介できるような商品があれば、貼ってみるのもいいでしょう。

Amazonの商品を紹介するAmazonアソシエイトというものもあります。
(審査を受け承認を受ける必要はあります)

これらはGoogleの広告に比べると、敷居はやや低いものです。
ただ、1万円までの道のりが楽というわけではありません。

有料メルマガ

メルマガを有料で発行することもできます。
私が利用しているのは、まぐまぐ。

メルマガを発行したい方へ – まぐまぐ!

このページにあるように、50%の手数料がかかります。
月10000円になるには、1000円のメルマガだと、1人500円の売上なので20人の読者が必要です。
500円だと、1人250円の売上なので、40人。

月1万円と考えると現実的かなと思います。
私が出しているのはこのメルマガです。

週刊メルマガ『雇われない雇わない生き方への道』

記事を有料で販売できるnoteもあります。
以前やっていました。
100円〜10000円の値付けができ、10000円だと1つ売れれば1万円です。
1000円だと10、100円だと100。

これも現実的ではないかなと。

YouTube

YouTubeは、
・チャンネル登録者数 1000人
・過去12ヶ月の動画層再生時間 4000時間
というのが条件で、収益化ができます。

この条件を満たすのが大変であり、難易度は高いものです。
ひとり税理士井ノ上陽一の自宅仕事術 – YouTube

 

番外編 不用品を売る

不要になったものを売ることで、1万円の売上になる可能性があり、その方法は2つあります。

1つは、「業者に売る」
買取専門業者に売ると、
・確実に売れる(買取不可のもの以外)
・トラブルが少ない(あとでクレームはない。お互い)
・引取に来てもらえることもある
という一方で、買取金額は、低くなりがちです。

本→ブックオフオンライン
カメラ関係→マップカメラ
PC関係→ラクウル
PC、カメラ、家電等→高く売れるどっとこむ
などをよく使っています。

断捨離がはかどる!モノを売れるサイト

もう1つは、「人に売る」。
メルカリヤフオク、Amazonマーケットプレイスなどで、業者よりも高く売れる可能性はありますが、手間がかかる場合もあり、売れなければ0円です。

ただ、「柱」となるものでもなく、あくまで番外という位置づけになります。
「柱」となる可能性もなくはありませんが。

 

上記の中で見てみると、セミナー、動画販売は、月1万円の実現可能性があるのではないかと。
セミナー、動画販売という柱にもなりえます。
かんたんではありませんが、「セミナーができる」という柱、スキルは磨いておいて損はありません。
他の仕事との相乗効果も高いものです。
今の仕事の延長上としてもできます。

プラットフォームを使うかどうか

月1万円の売上を考えるときに意識しておきたいのが、プラットフォームです。
プラットフォームとは、仕事をするときに利用するサービス、しくみ。
当然、手数料はかかります。

プラットフォームを使わざるを得ない売上もありますが、自分のサイトで販売したほうが利益率は高くなり、月1万円の実現可能性は高くなるでしょう。
ただ、プラットフォームを使ったほうが、多くの方にみていただくことができます。
最初のうちはプラットフォームを使って、徐々に切り替えるという方法もあるでしょう。

月1万円を積み上げて、月10万円となれば、十分な柱になります。
そうなるためにも、1円、最初の一歩が大事です。
気になるものは、早めに踏み出しておきましょう。

 



■編集後記
最近オンラインヨガでは強度が高いものをやっています。
コアトレーニングとか。
汗だくで、きついのですが、ちょっとは鍛えたいので。
ちょっとずつ楽にはなってきました。

「1日1新」
新メニュー作成
AVEDA ブラシ

■娘(3歳4ヶ月)日記
昨日は(も)昼寝してなかったので、夜は、ベビーカーで散歩しながら練るかなと思っていたら、余計に覚醒したようで。
21時頃パパのほうが早く寝ました。