「忙しさのメガネ」を外すためにやっている3つのこと『「いつも忙しい」がなくなる心の習慣』より

『「いつも忙しい」がなくなる心の習慣』という本に、「忙しさのメガネ」という言葉がありました。
このメガネをはずす、メガネの色を薄くしないと、いつまでたっても忙しさがなくならないというものです。
IMG 0159

「忙しさのメガネ」

本書は、精神科医の水島広子さんが書かれた本です。

「忙しい」を解決する秘訣として、「忙しさのメガネ」を外すことが挙げられています。

「忙しさのメガネ」とは、

“あれもやらなければ、これもやらなければ」「あれも終わっていない、これも終わっていない」と色をつけて物事を見るメガネ”

です。

「今やらなくてもよいこと」まで見えてきて、パニックになり、結局は何もできなかったり、無計画に先延ばしにしたりしてしまいます。

「忙しい」は内面の問題

こういうこと、確かにあります。
一見何でもないのに、「忙しい気がしてくる」
先が不安で今に集中できない
いろいろ抱えすぎていて、回りが見えなくなる

いつも忙しいと、なんか仕事をしている気がしてきます。
本当に、商売繁盛でひくてあまたで時間がない場合もありますが、そういう場合は、「忙しい」といわない気がするのです。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


よく、「忙」は心を亡くすといいます。

「忙しい」というのは、状態を示すものではなく、あくまで人間の内面の問題という考え方もできるのではないでしょうか?

本書にも、

”「物理的な忙しさ」と「主観的に感じる忙しさ」の差を作るのが「忙しさのメガネ」”

と書かれています。

物理的に忙しい状態でも、冷静にこなしていけば、前進することもあるでしょうし、逆にたいしたことないときでも、「忙しい」と感じることで、かえって非効率になっていることもあるでしょう。

「忙しさのメガネ」を外すために私がやっている3つのこと

私も独立当初に「忙しさ」に陥ったことがあります。
ただ、今考えると、仕事量的には全然たいしたことはありませんし、何をやっていたわけでもありませんでした。

幸い、私の場合は意外に弱いので、独立半年後、すぐ体への異変が出ました。
それ以来仕事のやり方を見直し、変えています。

心を亡くさないため、「忙しさのメガネ」を外すために今も私がやっているのは次のようなことです。

1 忙しくないふり

忙しさをアピールすべきかどうかは、双方の考え方があります。
「忙しい」ところをアピールしないと、暇だと思われる、成功していないと思われる、遊んでいると思われるという考えから、アピールしたほうがいい考えもあるでしょう。
私は逆です。
「忙しい」とアピールすると、本当にそうなってしまう気がするのです。
だからこそ、ブログ、Twitter、Facebookなどでは、「忙しくないふり」をしています。
(仕事が来なくて、儲かってないだけかもしれませんが(^_^;))

■スポンサードリンク

今の成果で「忙しい」なんて言ってられないぜという自分へのプレッシャーでもありますね。

「忙しさのメガネ」をかけていては、「忙しくないふり」はできません。

2 言葉のコントロール

自分が話す、書く言葉をコントロールしています。
いわゆる禁句です。
「忙しい」

「時間がない」

「繁忙期」

「時間がない」

「時間ができたら」

「落ち着いたら」

という言葉を使わないようにしています。

あえて使うなら、「ピンチ」、「おされている」くらいでしょうか。

「とりいそぎ」も、なんか忙しさを肯定しているようで、私は使いません。

「時間があるときに」といわれるのも好きではないです。貢献したい相手・やりたいことなら時間を作ってやりますし、やりたくないこと・やるべきでないことは時間があってもやりません。

言葉も、「忙しさのメガネ」といえるでしょう。

3 タスクのコントロール

自分がやっていることを記録しつつ、計画するタスク管理。
独立以来試行錯誤しながら続けています。

時間を見積もって、今日できること、やるべきことをコントロールしているため、「今」に集中できます。

本書にも
”「忙しい病」を作る「忙しさのメガネ」。その「メガネ」をはずすために最も役立つのは、「『今』に集中する」ということです。”
とありますし、
タスク管理の手法の基本も、「目の前のことに集中する」です。

私のタスク管理の手法は、こちらのカテゴリーを参考にしてください。
今年、もう1回くらい、セミナーもやる予定です。

■時間をうまく使う!タスク管理

「こんなことで、忙しさが解消されるの?」と思われるかもしれませんが、本書のとおり、「忙しさ」が主観的なもの、内面に依存するものと考えるなら、やはり効果があるでしょうし、実際に効果がありました。

・・・とこう書くと、ますます「忙しく」はできません(^_^;)
参考にしていただければうれしいです。





■スポンサードリンク
【編集後記】
TSUTAYAで借りた『リアル』。
今日くらいに返却しなきゃいけないので(21日間借りれる)、2回目を読みました。
このまま買ってもいいと思うくらい気に入りました。
毎年1巻ずつ発売されるようなので、気長に今年秋発売の最新刊を待ちます。
同じく借りた『ヘルタースケルター』も面白かったです。
読んでない名作はまだまだありますね。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###