【Excel入門】ファイルの作り方で効率が大幅に変わる。データは1ヶ所に蓄積しましょう。

Excelで効率の秘訣は、ファイルの作り方にあります。
ファイルの作り方が最初から間違っていると、効率が大幅に下がってしまってしまうのです。
ピボット

紙の時代の名残

今回の話は、自分で売上データを入力する場合を想定しています。
システムを入れて、売上データが自動的に記録されるのが理想ですが、必ずしもそうはいきません。
(うちもそうです)

売上データをExcelに入力していくケースも多いでしょう。

その場合、次のような事例をよく見かけます。
シートごとに、10月1日のデータ、
スクリーンショット 2013 10 09 10 40 06

10月2日のデータ・・・・・・と入力し、売上を集計、グラフなどを表示している事例です。
スクリーンショット 2013 10 09 10 40 19

まあ、これはこれでいいのですが、次のような点で好ましくありません。
・日ごとの売上の集計は出ているが、それをさらに集計して月の売上を出すときに困る
・月ごとの合計、推移を見るときに困る
・前年との比較をするときに困る
・今は商品別に集計しているが、これを担当者別、支店別など、別の集計項目でみたいときに困る
・入力やシートの準備に手間がかかる
・1年で365枚(又は営業日の枚数)のシート又は、複数のファイルにデータが分かれてしまい、一覧性がない
・会計ソフトへの入力の時に、また入力しなければいけない二度手間
などなど、山ほど理由はあります。

1枚ずつ、日報をつける、ノートの1ページごとに記録するといった、従来の紙の時代の名残ともいえるでしょう。

ExcelはExcelの便利な使い方があります。

インプット(データ)とアウトプットをわけ、データは1ヶ所に

まず、「インプット、つまりデータとアウトプットをわける」ことを意識しましょう。


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

先ほどの事例で、10月1日のシートだと、インプット(データ)は左側の売上データ、アウトプットは、右側の集計表、グラフです。
スクリーンショット 2013 10 09 10 50 49

これらを明確にわけることが効率化につながります。
アウトプットを直接作ろうとしてはいけません。
たとえば、売上を電卓で加算して、Excelの表(アウトプット)に入力することは絶対にやってはいけないのです。
電卓のミスの可能性・計算の手間、その後のデータ活用の点で好ましくありません。
スクリーンショット 2013 10 09 10 55 11

今回の事例は、データを入力し、それを集計しています(SUMIF関数を使用)ので、この点はクリアしています。

もう1つ大事なことは、インプット(データ)を1ヶ所、つまり1つのシートに蓄積することです。
インプットは1つ、アウトプットは複数となり、インプットしたデータから、様々な形でアウトプットして活用します。

(世の中のソフトやシステムはこのようなしくみになっています)

データを1ヶ所に蓄積するメリットは3つあります。

1 ピボットテーブルで自由自在に集計できる

次のファイルでは、データは10月1日から3日まで1ヶ所にまとめてあり、それをピボットテーブルで集計しています。
(解説のため、同じシートにピボットテーブルを作っていますが別シートに作ることもできます)
スクリーンショット 2013 10 09 11 08 48

ピボットテーブルで、確認したい日付を選べば、
スクリーンショット 2013 10 09 11 10 40

日ごとの集計を表示できます。
スクリーンショット 2013 10 09 11 10 47

右側の項目をマウスで並べ替えれば、担当者別の表や
スクリーンショット 2013 10 09 11 11 21

店舗・商品別の表を簡単につくれるのです。
スクリーンショット 2013 10 09 11 15 25

2 入力の効率が上がる

データを1ヶ所に蓄積しておくと、入力効率も上がります。
Excelには同じ列への入力で予測変換が使えるからです。
たとえば、「の」と入力すれば、「ノートパソコン」が候補で出てきます。
(上のセルと同じものなら、Ctrl+Dが便利です)
スクリーンショット 2013 10 09 11 16 40

3 データを抽出、検索しやすい

データが1ヶ所にあれば、オートフィルター(Ctrl+Shift+L)で抽出したり、検索(Ctrl+F)したりすることが簡単になります。

スクリーンショット 2013 10 09 11 21 13

Excelは伊達じゃない

「データを1ヶ所にするなんて、Excelが重くならないの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
今のPCやExcelのパワーは伊達じゃありません。
ちょっとやそっとのデータ量では重くならないのです。
重くなるのは他の要因があります。
(PCが古すぎることも要因の1つです。3年使っているなら買い替えるべきでしょう)
■関連記事
Excelのファイルサイズが大きくなりすぎた場合の対処方法

1年分どころか2年、3年分のデータを入れておいても大丈夫です。
データを蓄積しておいた方が様々な分析ができます。
オープン以来7年のデータを蓄積し、分析に使っているお客様もいらっしゃいますし、うちのデータも独立以来、すべて蓄積しています。

サンプルデータで100万データ入れてみました。
多少読み込み速度に時間がかかることもありますが、使えなくはないです。
1年間のデータが100万になることはめったにないでしょう。
10万データくらいなら余裕で動きます。

安心してデータを蓄積してみてください。

サンプルはこちらです。データを1日ごとに分散する方法と、1枚に蓄積する方法を比較してみてください。

1枚に蓄積したデータは、適当なものを10万データ入れています。

EX-ITサンプル データを1枚のシートに.xlsx

ピボットテーブルについて、こちらの記事をいただければ幸いです。
ファイルの作り方とピボットテーブルで、だいたいのことは解決します!

ピボットテーブルを最速で作る方法[執筆]「経理・会計で活用したいExcelのピボットテーブル」





■スポンサードリンク

【編集後記】
だましだまし使っていたMacBookPro 15インチRetina、やはり完全に故障しつつあるようです。
昨日、Appleストアに持っていくと、修理が必要とのことでした。
いまのところ、電源につないでおけば使える状態です。ただ、デュアルディスプレイができません。。。
(今は13インチAirをメインで使っています)
結構高かったのですが1年3ヶ月ほどメインで使ったのでよしと考えなければいけないですね。。
修理代金が最低4万円なので別のを買います。

■スポンサードリンク



■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』