ブログ継続に数値化は必須!WordPressにGoogle Analyticsを入れる方法&見ている数値

何事も計測、記録が大事です。
ブログももちろん計測し、数字を見るようにしています。
EX-IT SS 2

信頼性あるアクセス解析を

ブログの数字とは、いわゆるアクセス解析です。
どのくらいのアクセスがあり、どこから(参照サイト)、どうやって(検索キーワード)、ブログをごらんいただいているかがわかります。

一般的によく使われているのは、Googleが提供するGoogle Analytics(アナリティクス)です。
私も使っています。

アクセス解析は信頼性が一番です。
いろんなアクセス解析がある中、Google Analyticsが最も信頼性があるといわれています。

たとえば、アメブロだと、人間以外のアクセス(googleやYahooといった検索エンジンが随時巡回しています)もカウントするため、アクセス数が増えてしまいます。
だいたい2〜3倍位です。

今、旧ブログ(2007年7月〜2011年11月まで運営)はアメブロに1記事だけ残しています。
この1記事は、EX-ITへ移転したお知らせとリンク先です。

最近のアクセスをアメブロで見ると、10/9で598PV(ページビュー)ですが、
スクリーンショット 2013 10 10 7 58 19

アメブロに設定してあるGoogle Analyticsだと、41Pvとなっています^^;

今は、更新していないという事情もあるので、さらに大きく差が開いてますね。。。
(アメブロでもGoogle Analyticsは設定できます。後述します)
こういった事情があるので、私はアメブロ時代からGoogle Analyticsを利用していました。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


WordPressでブログをやるなら、アメブロのようにアクセス解析機能はついていませんので、ぜひGoogle Analyticsを入れましょう。

Google Analyticsの設定方法

では、設定方法を解説していきます。
①googleにログインして、http://www.google.co.jp/intl/ja/analytics/にアクセス、又は「googleアナリティクス」で検索してください。

スクリーンショット 2013 10 10 7 46 52

②今のGoogle Analyticsは次のような画面が表示されますので、そのまま次へ進みます。
スクリーンショット 2013 10 10 7 47 05

③次のように設定して、次へ進んでください。[アカウント名]は好きな名称、[業種]は空欄でもかまいません。
スクリーンショット 2013 10 10 7 49 10
④規約が表示されますので、[日本]を選んで読んだ上で、次に進みます。

スクリーンショット 2013 10 10 7 49 25

⑤トラッキングID、トラッキングコードが表示されます。通常はこのトラッキングコードをブログの管理画面で貼り付けるのですが、今回はさらに簡単な方法を解説します。
スクリーンショット 2013 10 10 7 49 49

⑥WordPressでプラグイン「All in One SEO Pack」をインストールします。「プラグインって?」という方はこちらの記事を参考にしてください。
WordPressのプラグイン入門&「EX-IT」で使っているプラグイン15選。

「All in One SEO Pack」のメニューから[General Settinngs]を選び、
スクリーンショット 2013 10 10 7 50 44

下へスクロールして、[Google Settings]の[GoogleアナリティクスID]に先ほどのトラッキングID(コードではありません)を入れます。
スクリーンショット 2013 10 10 8 38 45

■スポンサードリンク

これで、しばらくするとGoogleアナリティクスで計測が始まります。

※おまけ
アメブロの場合は、ブログの管理画面から[プラグインの追加]→[フリープラグイン]を選び、トラッキングコード(Idではありません)を貼り付けてください。
スクリーンショット 2013 10 10 7 58 33

Google Analyticsで私が見ている数値

Google Analyticsは非常に多機能かつ多くのデータがあります。
最初からすべてを理解しようと思わず、絞った方がいいでしょう。

私が見ている数値は次のようなものです。
これをマイレポートという機能を使ってトップ画面に集めていますので、マイレポートの作り方とあわせてご紹介します。

①Google Analyticsにログインし、左側のメニューから[マイレポート]→[新しいマイレポート]をクリックしてください。
スクリーンショット 2013 10 10 7 56 45

②[空白のキャンバス]を選び、適当な名前をつけて、次へ進みます。
スクリーンショット 2013 10 10 7 57 06

③[ウィジェットを追加]を押すと、

スクリーンショット 2013 10 10 9 16 35

このように、表示させる指標や形式を選べます。
スクリーンショット 2013 10 10 7 57 33

[標準]は、1ヶ月、1年といったスパンでみるとき、[リアルタイム]は今のアクセスをみるときに使います。

私が見ているのは次のような数値です。

ページビュー

標準、指標、ページビュー数
どれだけのアクセスがあったかの数値です。同じページが複数回表示されてもカウントします。
PVとも表記されることが多いです。
ここ1ヶ月の数値が表示されます。

ユーザー数

標準、指標、ユーザー数
UU(ユニークユーザー)とも表記されることが多いです。
ここ1ヶ月の数値が表示されます。

アクティブユーザー数

リアルタイム、カウンタ、アクティブユーザー数
今、何人の方にブログを読んでいただいているかの数です。

アクティブユーザー数[カスタマイズ版]

これは興味本位もあり、カスタマイズしてみているものです。
設定は、ちょっと複雑なので画像をのせます。

スクリーンショット 2013 10 10 9 26 44

こう設定すると、今どのページを読んでいただいているのか、そしてどんなキーワードで来ていただいているかがわかるのです。

キーワードで「not provided」とあるのは、どんな検索キーワードかはわかりません。
googleから検索キーワードを提供してもらえないものなのです。
情報保護の観点からgoogleにログインしている方が検索したキーワードは、ブログ運営側からはわからないようになっています。

ページビュー数(グラフ)

標準、タイムライン、ページビュー数

グラフが表示され、カーソルをあてるとページビュー数がわかります。

その他

その他、興味深い数値には次のようなものがあります。

・ランディングページからの直帰率
最初にきていただいたページ(ランディングページ)から直帰(他のページを見ないでブログを去った)したデータは追いかけています。
求めるコンテンツがなかったのか、完全に解決したのか、時間がなかったのかわかりませんが、注目すべき数値です。

・平均滞在時間
どのくらい滞在していただいているかの目安にしています。

・ユーザーの分布ー地域
どこからアクセスしていただいたかをみます。
まだまだアクセスしていただいてない地域はありますね。47都道府県はすべて埋まりました(^.^)
スクリーンショット 2013 10 10 9 36 19

ーーーまとめーーー
マイレポートの数値をざっと見て、気になるところがあったら、細かく見ています。
アクセスが大きく増えたとき、減ったときは要注意です。
数値化すると、やはり継続の原動力となります。

ブログを書いている方は是非入れてみましょう。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日はひさびさに通勤ラン。約14kmなのでちょうどいいです。
シャワーは事務所近くのジムを利用しています。
ちょっと高いけどタオルレンタル無料、人がそれほどいないのが魅力です。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###