1日1新と経理・家計簿の組み合わせでお金の使い方をトレーニング

毎日新しいことをやる1日1新。この1日1新を記録するのに、毎日経理・家計簿をやっていると楽です。
DSC05697
※大崎スタバにて DSC-RX100M3

1日1新の記録と経理・家計簿

毎日新しいことをやる1日1新。
日々継続してやり、記録しています。

記録しているのはEvernoteです。
1カ所に記録し、前日分をブログへコピーしています。
EX IT 3

せっかく新しいことをやっているのだから、記録しておいたほうが得です。
あとで見返すこともできますし、今後のはげみにもなります。

ただ、その記録はそれなりにめんどくさいです。
「あれ、昨日の店なんて名前だったっけ」
「昨日買ったあの商品の名前は???」
「昨日は新しいことやったっけ・・」
と思い出す過程は時間の無駄ですし、ストレスになります。

結局、それが記録のさまたげになることも多いです。

私の場合、1日1新の記録にストレスはありません。
なぜなら、経理(事業)、家計簿(家計)を毎日やっているからです。

毎朝、前日に使ったお金を記録します。
レシートを見れば、1日1新として、店の名前も食べたものも正確にわかるからです。
記録は正確にやったほうが効果があります。
昨日は、「クラッシュオレンジフラペチーノ」と記録しました。

・ネットで買ったもの
・お金を使わなかったこと
などは、レシートではわかりませんが、それでも大半のものはわかります。

1日1新と経理・家計簿は、相性がいいので、合わせてやってみるのがおすすめです。

どっちみちお金を使うなら新しいことに使う

多かれ少なかれ日々、お金を使っています。
どっちみちお金を使うなら、新しいことにもお金を使いたいものです。

もちろん、従来のもの、定番のものにお金を使い続けるのは問題ありません。
なんとなく、これまで通りにお金を使っていることが問題なのです。
思考や行動がせばまってしまいます。

1日1新を意識していれば、どっちみちお金を使うものを工夫するのでおすすめです。
・いつもアイスコーヒーと頼んでいるところを、クラッシュオレンジフラペチーノを頼んでみる
・いつも行っているカフェではなく違うところに行ってみる
・いつもの道ではなく違う道で行ってみる
・いつもと違うメンバーで行ってみる
・いつもと違うお金の払い方をする
など、お金を払う機会をちょっとだけ帰ることはいくらでもできます。

1日1新は、お金の使い方のトレーニング

新しいことは、お金を損する可能性もあります。
定番のもの、ある程度計算できるものにお金を使っておいたほうが無難です。

ただ、お金の使い方がうまくなるには、ある程度の損を許容する必要があります。
使わないとうまくならないからです。

といっても、お金には限界があります。
身近なもの、どっちみち使うものから、工夫をし、使い方をトレーニングしてみましょう。
その小さなトレーニングが1日1新です。

1日1新なら、ちょっとしたお金の使い方だけではなく、お金を使わずに楽しむ方法も見えてきます。
経理や家計簿も、お金の使い方を管理し、トレーニングできるものです。
1日1新で実践し、経理・家計簿でチェックするという流れをぜひ日々やってみていただければ。





【編集後記】
ベターと開脚ストレッチを実践中です。
本のとおり、4週間続けてみます。

【昨日の1日1新】
※詳細は→「1日1新」

スタバ クラッシュオレンジフラペチーノ


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』