ネット上のExcelマクロを自分のファイルに流用する方法

Excelマクロ上達の方法の1つは、他の人が作ったマクロを自分のファイルで使ってみることです。
他人が作ったファイルのマクロやネット上に書いてあるマクロを、自分のPCでも使う方法を解説します。
スクリーンショット 2013 01 10 8 36 00

ExcelファイルをPDFファイルにするExcelマクロ

今回、サンプルとして、次のマクロを取り上げます。

Sub pdf()

  ActiveSheet.ExportAsFixedFormat Type:=xlTypePDF, Filename:="sample.pdf"

End Sub

開いているExcelファイルのシートをPDFファイルにするマクロです。
PDFファイルは、Excelファイルを通常保存している場所に保存されます。

※Excelでオプションを開き(Alt、T、Oと押す)、[保存]の[規定のファイルの場所]を確認してみてください。
ほとんどの場合、ドキュメントフォルダが指定されています。

スクリーンショット 2013 01 10 8 39 41

マクロを使わずにExcelファイルをPDFで保存する方法は、この記事を参考にしてください。
・PDFファイルを作成する方法 » EX-IT

使いたいExcelマクロを流用する手順

では、冒頭のマクロを流用してみましょう。
私は、メニューの場所を覚えるよりもショートカットキーをおすすめしています。
ショートカットキーを覚えておくと今後も便利です。
「マクロを使って効率化しよう」というならば、ショートカットキーは必須でしょう。

①マクロを使いたいExcelファイルを開きます。
※シートのページ設定どおりにPDFファイルが作成されます。
スクリーンショット 2013 01 10 8 47 29

②Alt+F11を押して、マクロを書く場所を開きます。
スクリーンショット 2013 01 10 8 46 01

③さらに、Alt→I→M(順番に1つずつ押します)で、マクロを書く紙を準備します。
通常はここにマクロを書いていきます。
スクリーンショット 2013 01 10 8 46 09


■スポンサードリンク


④使いたいマクロをコピーして貼り付けます。
これで準備完了です。
Subからはじまり、End Subで終わっていることを確認してください。
スクリーンショット 2013 01 10 8 46 41

マクロを実行する

マクロを実行するには、次の4つ方法があります。

① プログラム上(SubとEnd Subの間)で、F5を押す
② Excel上で、Alt+F8を押してプログラム(ここでは「PDF」)を選んで実行(Enter)
スクリーンショット 2013 01 10 8 58 08
③ ショートカットキーを設定
④ ボタンを作る

こちらの記事で解説しています。
【関連記事】Excelマクロを実行する4つの方法。ショートカットキー・ボタン
リンク
ここでは、①又は②でやってみてください。

実行すると、既定の場所にPDFファイル(ファイル名は[Sample.pdf])が作成されています。

スクリーンショット 2013 01 10 8 59 56

こういう流れで、いろんなマクロを試してみてください。

なお、マクロがあるファイルは、Excel2007以降では、「.xlsm」という形式で保存しなければいけません。
[名前をつけて保存](F12キー)で[マクロ有効ブック]と必ず指定するようにしてください。

スクリーンショット 2013 01 10 9 01 56

■関連記事

Excelでマクロを書く下準備ーExcelを持っていれば無料で使えますー » EX-IT

Excelマクロ入門ー実際にかんたんなマクロを書いてみましょうー » EX-IT





【編集後記】

■スポンサードリンク

昨日、お客様のご紹介で打ち合わせ。
今後お手伝いさせていただくことになりました。
非常にありがたいことです(^^)
自分の立ち位置、業界の方向性などを改めて考えるいい機会でもありました。